コラム

 公開日: 2017-09-29 

広大地の評価方法変更

広大地の評価とは
標準的な面積の宅地と比べて著しく広大な宅地を開発しようする場合、右図のように土地の一部分を道路として供する必要があり、その部分の面積は宅地として利用することができません。相続税や贈与税の算定のために土地を評価する場合にこの点が考慮されており、平成29年末までは「広大地の評価」として最大65%の減額を受けることができます。しかし「広大地の評価」は土地の形が評価に反映されないため、路線価と面積が同じであれば、土地がどのような形でも同じ評価額となり、時価との差が生じ、問題となっていました。加えて広大地に該当するかの判断も困難であるなどの理由により、平成29年度の税制改正大綱に広大地評価の見直しが含まれておりました。

開発図面

改正内容と評価への影響
平成29年6月に見直しの具体的な素案が公表されました。平成30年より面積に応じて比例的に減額する方法「広大地の評価」が廃止され、土地の形状や面積に応じて評価する方法「地積規模の大きな宅地の評価」が導入される予定です。大まかな要件は下の表の通りです。




改正前後の三大都市圏の場合の面積ごとの減額割合を比較したのが下の表です。改正後のほうが減額割合は少なくなっています。ただし改正後には下記の通り、広大地の評価では考慮されていなかった各種補正率(土地の形がいびつである場合や間口が狭い場合などの補正)が計算に含まれることとなります。




・広大地の評価           路線価×面積×広大地補正率
・地積規模の大きな宅地の評価 路線価×面積×規模格差補正率×各種補正率

 今回予定されている改正の影響を受ける土地は面積が大きなものとなるため、適用の有無や減額の割合の変更により評価額が大きく変わることが見込まれます。よって評価額が高くなる場合には、相続時精算課税等による贈与で次世代に譲り渡す方が有利になることも考えられます。

この記事を書いたプロ

泉田会計事務所 [ホームページ]

税理士 泉田裕史

奈良県香芝市すみれ野1-13-5 [地図]
TEL:0120-016-967

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉田裕史(いずた ひろし)さん

「黒字体質の会社」をつくるため全力でサポートします(1/3)

 奈良県香芝市の近鉄大阪線五位堂駅前に事務所を構えるのは、泉田会計事務所です。「大阪方面からの依頼にも対応しています。フットワークを軽くして、どこにでも行けるようにしています」 と、話すのは、代表の税理士でもある泉田裕史さん。顧客を月に...

泉田裕史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 泉田会計事務所
住所 : 奈良県香芝市すみれ野1-13-5 [地図]
TEL : 0120-016-967

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-016-967

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉田裕史(いずたひろし)

泉田会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
生産緑地2022年問題

○生産緑地とは…都市部に残る緑地を守る狙いで1974年に制定された生産緑地法に基づき、市町村から指定を受けた農...

[ 資産税務 ]

ふるさと納税 平成27年度税制改正大綱より

ふるさと納税制度の拡充(平成27年度税制改正大綱より)   個人住民税における都道府県又は市区町村に対す...

[ 個人税務 ]

消費税軽減税率の光と影

平成26年4月より消費税率が8%に引き上げられました。当初平成27年10月から消費税率10%への引き上げが予定されてま...

[ 会社税務 ]

プロフィール~税理士を目指したきっかけ

昭和49年生まれ、奈良県出身です。幼少期は大阪市内に居住、小学校2年生の時に、奈良県香芝市(当時は北葛城郡香...

[ プロフィール ]

相続税基礎控除引き下げによる申告義務者の増大

相続税の基礎控除が2015年より引き下げられ、今まで相続税の申告とは無縁であったサラリーマン家庭でも、申告が必...

[ 資産税務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ