コラム

 公開日: 2017-05-11 

生産緑地2022年問題

○生産緑地とは…
都市部に残る緑地を守る狙いで1974年に制定された生産緑地法に基づき、市町村から指定を受けた農地で、1区画500平方メートル以上の土地であることや30年間の営農などが条件で、指定されると自由な売買や住宅建築などの農業目的以外での使用ができなくなります。
一方で、指定されると固定資産税は純農地並みとなり、非常に安くなるメリットがあり、1992年の改正時に生産緑地の指定を受けた人が多くおられます。

○2022年問題とは…
改正後、1992年に指定を受けた生産緑地は2022年で30年を経過する為、所有者は市区町村の農業委員会に土地の買取りを申し出る事が可能となります。法律では、市町村は特別な事情がない限り、時価で買い取らなければならないと定めていますが、主に財政負担が難しいという事情から今まで買い取るケースは殆どありませんでした。市町村が買い取らない場合、市町村の斡旋によっても生産緑地として買う人がいない場合は、この生産緑地指定が解除されます。生産緑地が解除されると、固定資産税が宅地の1/200程度に減額されていたものが、軽減が無くなり固定資産税が一気に跳ね上がるために所有者は維持できず、売却や有効活用の選択を迫られる可能性があります。

相続が発生しても生産緑地を選択した方もいらっしゃいます。納税猶予制度の適用を受ける場合、三大都市圏の特定市の場合は生産緑地の指定が条件となり、相続税評価は農業投資価格と非常に低廉になり、固定資産税も今まで通り少ないままで良いというのが理由でしょう。
デメリットとしては、生産緑地を相続した方は終身営農又は20年間の営農が義務付けられる事で、原則として農地所有者が自ら耕作する事が要件となり、万が一途中で農業をやめてしまうと、相続当時の相続税納税額と共に一定の利息を付けて払わなければならない事です。以後、生産緑地の解除により一斉に大量の土地が市場に出る事可能性があります。土地を仕入れるメインプレイヤーは建売住宅ビルダー、立地が良ければマンション分譲業者となるでしょうが、多くの土地に買い手がつかずに、叩き売りになる事も考えられます。宅地として所有していたら、大幅に増加した固定資産税も支払えなくなってしまいます。売れないなら賃貸住宅を建築する事で固定資産税を1/6に減額しようと考える地主も多くなるでしょう。

〇今後の対応策
①生産緑地の買い取り申請をし、農業は続ける。
相続税の納税猶予を適用している場合は、猶予税額を納める必要が出ることも…
②生産緑地の買い取り申請をし、土地を売却する。
売却した農地の面積によって、猶予税額の全部又は一部を納税することに…
また、先祖から相続した農地であることがほとんど⇒譲渡所得税が高額になることも…
③このまま生産緑地指定を受けて、農業を続ける。
次の相続まで農業を続けて、相続時に買い取り請求をし、次は納税猶予をしない。
④相続発生後に生産緑地指定を解除して売却する。

この記事を書いたプロ

泉田会計事務所 [ホームページ]

税理士 泉田裕史

奈良県香芝市すみれ野1-13-5 [地図]
TEL:0120-016-967

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉田裕史(いずた ひろし)さん

「黒字体質の会社」をつくるため全力でサポートします(1/3)

 奈良県香芝市の近鉄大阪線五位堂駅前に事務所を構えるのは、泉田会計事務所です。「大阪方面からの依頼にも対応しています。フットワークを軽くして、どこにでも行けるようにしています」 と、話すのは、代表の税理士でもある泉田裕史さん。顧客を月に...

泉田裕史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 泉田会計事務所
住所 : 奈良県香芝市すみれ野1-13-5 [地図]
TEL : 0120-016-967

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-016-967

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉田裕史(いずたひろし)

泉田会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
広大地の評価方法変更
イメージ

広大地の評価とは標準的な面積の宅地と比べて著しく広大な宅地を開発しようする場合、右図のように土地の一部分...

[ 資産税務 ]

ふるさと納税 平成27年度税制改正大綱より

ふるさと納税制度の拡充(平成27年度税制改正大綱より)   個人住民税における都道府県又は市区町村に対す...

[ 個人税務 ]

消費税軽減税率の光と影

平成26年4月より消費税率が8%に引き上げられました。当初平成27年10月から消費税率10%への引き上げが予定されてま...

[ 会社税務 ]

プロフィール~税理士を目指したきっかけ

昭和49年生まれ、奈良県出身です。幼少期は大阪市内に居住、小学校2年生の時に、奈良県香芝市(当時は北葛城郡香...

[ プロフィール ]

相続税基礎控除引き下げによる申告義務者の増大

相続税の基礎控除が2015年より引き下げられ、今まで相続税の申告とは無縁であったサラリーマン家庭でも、申告が必...

[ 資産税務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ