コラム一覧 :パッシブソーラーハウス

1件~11件(11件)

スマートハウス

イメージ

スマートハウス もう誰もが知っているというか聞いたことのある言葉です。本来は、情報技術を使って家庭内のエネルギー消費を制御する次世代省エネ住宅のことで、家電機器や照明機器などをネットワークで結んで頭脳である家庭エネルギー管理システム(ヘムズ)が電力消費を制御してエネ... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2015-05-07

パッシブソーラーハウスを造る エアパスの屋根2

イメージ

断熱材をはめ込んだ後、ジョイント部分を気密テープで処理し、隙間のないようにします。その上から通気胴縁を打ち付けて、通気層を造ります。通気のための空間も方位によって区画割します。南・西側は太陽がよくあたるので3尺(910ミリ)ごとに北・東側は、1間(1820ミリ)の幅で区画割します... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-04-15

パッシブソーラーハウスを造る 土台とエアパスの越屋根

イメージ

土台を伏せたところです。上棟と順序が逆になってしましましたが、コーナー部分の継手とアンカーボルト及びホールダウンという長いボルトです。このホールダウンは、主に通し柱を固定するためのもので、引き抜きの力がかかっても柱が抜けないようにするための金具です。2階建ての木造建築... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-04-10

パッシブソーラーハウスを造る 建物が実感できる家の模型

イメージ

これから建てる家の模型です。エアパスというパッシブソーラーハウスです。2階の屋根の上にもう一つ越屋根というのが付いているのが特徴です。一言でいうと「衣替えができる家」です。基礎の周囲と越屋根に開閉式の換気口が付いていて暑くなれば開けてもらい、寒くなれば閉めてもらうだけです... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-04-05

パッシブソーラーハウスを造る 墨付け・手刻み

イメージ

構造材を加工しています。プレカットされた材料で建てるところがほとんどですが、当社では今も作業場で、墨付けをして手刻みしています。自然乾燥の杉、ヒノキ、赤松を使います。集成材や機械乾燥の木はほとんど伸縮や変形がないので、プレカットでいいと思いますが、自然乾燥の木はまだ少し... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-04-03

パッシブソーラーハウスを造る 基礎工事

イメージ

地盤改良が終わって基礎工事に入ります。改良地盤の上に直接基礎が載っている状態です。防湿シートを敷いて配筋の作業が終わったところです。配筋の作業は大事です。規定の鉄筋が使われているか、ピッチ(間隔)は指定通りか、また鉄筋のかぶり厚さと言って最低限鉄筋をコンクリートで保護し... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-04-01

パッシブソーラーハウスを造る 地鎮祭

イメージ

造成工事と地盤改良が済んで、地鎮祭です。本来、土地を触る前にさせてもらうべきですが、今回は、土地の形状が変わってしまうので、家を建てれる状態にしてから、地鎮祭となりました。地鎮祭は、その土地の氏神様を祀っている神社から来て貰うのがいいといわれます。新しい土地でわからな... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-03-29

パッシブソーラーハウスを造る 地盤調査と改良工事

イメージ

基礎工事にかかる前に地盤調査をします。地盤調査で改良工事が必要かどうかを判定します。(調査会社では、全国のデータがあって地域ごとにある程度の判定はできるようです。)地盤改良の工事が必要になることを見越して資金計画を立てましょう。改良には、・表層改良 軟弱地盤が深さ2mまで... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-03-27

パッシブソーラーハウスを造る 造成工事

イメージ

土地の形態上、擁壁を施工することになりました。敷地外周に沿って重機で掘削していきます。掘削後、砕石を敷きならして鉄筋を配置していきます。鉄筋を配置した状態です。擁壁と言ってもそれ自体の高さが2mを超える場合は、宅地造成の申請が必要になり、管轄の役所によりますが、許可が... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-03-25

パッシブソーラーハウスを造る 資金計画と家の模型

イメージ

候補の土地が決まればラフプランと概算見積を造ります。予算内に収まることが解れば、設計契約をしていただきます。予算を組むのは難しいです。銀行が貸してくれるからという理由だけでは、確定できません。当社ではファイナンシャルプランナーの人に相談してもらいます。考えているより予算... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-03-22

パッシブソーラーハウスを造る 敷地調査

イメージ

候補の土地が見つかったら敷地調査をします。写真のような敷地の場合、法面(斜面)」をそのまま利用する方法もありますが、利用する敷地が狭くなりますし、地盤が安定しているかどうかわかりません。そこでほとんどの場合、擁壁を造ることになります。写真は、給水の引き込みがあるか... 続きを読む

パッシブソーラーハウス

2014-03-20

1件~11件(11件)

RSS
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古材を再利用するということ
イメージ

今ある蔵を解体してここに離れを建てる予定です。蔵の天井を見上げるときれいな丸太の梁が並んでいます。施...

[ 古材 ]

難しい構造計算
イメージ

今、着工を控えた家の長期優良住宅の認定を取るために構造計算をしてもらっています。以前は自社ですべて計...

[ 木の家 ]

焼き杉を使った塀
イメージ

焼き杉の塀を造っています。既成の焼き杉の板もありますが、両面を焼いた焼き杉はありませんから、取引先の...

[ 木の家 ]

耐震補強 新しく基礎を造る
イメージ

築40数年の家をリフォームさせてもらっています。入母屋造りのかなり立派な家です。写真はその家の小屋裏...

[ 古民家 ]

寒さは健康を阻害する?
イメージ

今日は秋晴れといった天気気持ち良かったですね。しかし、日を追うごとに寒くなってきます。ここ数年は、...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ