コラム一覧 :木の家

1件~15件(92件)

過去の15件

和瓦

イメージ

瓦屋根の葺き替えです。瓦屋根は耐久性があります。耐用年数は一般的には60年くらいですが、以前に築100年くらいの家の瓦を葺き替えたことがあります。その家は100年経過しています。それを葺き替えるのですから、さらに50年、60年持つことになります。この家も築60年は経過して... 続きを読む

木の家

2018-04-06

解体かリフォームか

イメージ

家の建て替えで解体をしています。今は新築の物件が減ってきてリフォームが増えてきていますが、建て替えの需要もあります。リフォームでも家自体が大きい時やスケルトンと言ってほとんど柱などの構造材だけ残すような大規模リフォームがあります。一般の人から見てもそこまでするな... 続きを読む

木の家

2018-01-10

仕上げの下地には石膏ボードか合板か

イメージ

リフォームをさせてもらっている家です。築50年くらいの土壁の家です。当社ではめったに合板類は使わないのですが、こちらの家は施主さんが設計士さんでもあり指定の仕上げで仕事をさせてもらっています。この化粧ベニヤが仕上げになります。仕上がりがまだイメージできないでいるの... 続きを読む

木の家

2018-01-07

耐震補強 伝統と在来

イメージ

リフォームの現場ですが、耐震補強をしています。これは土壁を補修(上塗り)したところです。これは耐震リングと言って構造材の交わる部分(柱と梁)に取り付けるもので弾力性のありものです。こちらは荒壁パネルと言って土壁と同じ性質、強度を持つ材料で、新たに土壁を造... 続きを読む

木の家

2017-11-13

リフォーム工事が終わりました。

イメージ

リフォーム現場の完了検査です。竹を使った飾り棚です。陶芸が趣味の施主さんで皿などを飾りたいそうです。カウンターは施主さんが準備したケヤキですが、ヒラタキクイムシが心配と言われていました。ヒラタキクイムシという虫は、ケヤキなどの広葉樹につく虫で小さな穴の中に卵を産... 続きを読む

木の家

2017-10-12

二条の家 日本の木と漆喰の家

イメージ

新築の家の構造材を刻んでいます。出来上がればわからないことですが、こんな材料です。材種は杉です。一般の消費者の方にとってはどんな木がいいのかなどは分らないと思いますが、杉は赤味と言って赤い部分が多いほど丈夫でいい木です。当社は天然乾燥と言って自然に乾燥した木で家... 続きを読む

木の家

2017-10-05

枚方の家 手刻みとプレカット 材料代はどちらが節約できる?

イメージ

大工さんが新築の家の構造材を刻んでいます。構造材は吉野の天然乾燥材です。機械乾燥の木に比べると木がきれいなピンク色をしています。当社では構造材は天然乾燥材を使います。また、すべて大工さんが墨付け・手刻みをして家を造ります。造作材も規制の建材は使いません。現場... 続きを読む

木の家

2017-09-28

木材の伐採ツアー

イメージ

吉野川上村主催の木材伐採ツアーです。木こりさんがみんなの前で木を切り倒します。樹高20mから30m位の木が立ち並んでいます。樹齢にして100年から150年くらいでしょうか。実際目の前で木が倒れるのは迫力があります。切り倒された木の断面です。これは杉です。触ってみると... 続きを読む

木の家

2017-09-25

造作収納は難しい

イメージ

今回は、お施主様がお住まいになりながらのリフォームです。しかも、全体的に床壁天井をそっくりやりかえるリフォームと違って部分的な変更の多いリフォームです。写真は、造作の洗面化粧台に造りかえているところです。タイル貼りでカウンターを造りこの上に洗面ボウルを設置します。... 続きを読む

木の家

2017-09-22

今時のリフォーム

イメージ

新築そっくりさんではないですが、家を丸ごとリフォームする工事が増えました。大きな家は大きいなりに、小さな家は小さいなりにできるものですが狭い空間をできるだけ有効に活用しようと施主さんなりに一生懸命考える人もいます。打合せを重ねていくとよくここまで考えたものだと感心す... 続きを読む

木の家

2017-09-17

二条の家 上棟前の土台伏せ

イメージ

土台伏せをしています。土台とは、基礎の上に乗せる柱の根元を固定するための木材です。土台の間に等間隔に入る木が大引と言って床板の下地になる根太を固定するためのものです。従来は、木造の家は全てこの構造で造られてきました。しかし、最近いろんな工法の家が施工されるようにな... 続きを読む

木の家

2017-09-09

階段の格子

イメージ

大工さんが、格子状の物を作っています。何を造っているかというとこちらです。階段の手すり壁です。これも階段の格子ですが、こちらは段板を細工して一本づつ建てこんでいきます。格子の木が少し太いかと思いましたが、完成してみると意外にそうでもなく、しっか... 続きを読む

木の家

2017-08-09

家に使う木をすべて供給する材木屋さん

イメージ

三重県熊野の原木市場に来ています。手前に置いてあるのは桧の原木です。この後、表面の皮を剥いで製材工場に運ばれます。こちらは三重県にある「野地木材工業」さんの製材工場です。原木を製材しているところです。ここでは、板材を採っています。梁などの大きな材を採る木と板... 続きを読む

木の家

2017-08-05

無垢材を使った仕上げ

イメージ

当社は、リフォームもなるべく自然素材を使います。この天井板も杉の無垢の板を使っています。こちらの天井板も同じです。自然素材にこだわると材料費が高くなります。特に和室に使うような材料はそうです。新建材ならラミネート天井と言ってベニヤにフィルムを貼った建材を使... 続きを読む

木の家

2017-04-08

畳コーナー どれくらいの高さがいい?

イメージ

畳コーナーです。リフォームでリビングに造らせてもらいました。最近の家は畳の間が少なくなりましたが、畳はそのまま横になったり座ったりと便利なものです。昔は板の間より高級なものとされていました。畳自体が高価だったからでしょう。次に畳コーナーの高さはどれくらいがい... 続きを読む

木の家

2017-04-07

1件~15件(92件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
天井の仕上げ
イメージ

古民家というと家の造りが現代の家と少し違います。ほとんどが真壁で天井は1階なら2階の床の梁が見えていたり...

[ 古民家 ]

古民家の改修
イメージ

古民家の改修をしています。土壁の下地になる木小舞というものです。ほとんどは竹で編むのですが、職人さん...

[ 古民家 ]

厨子2階のリフォーム
イメージ

古民家といわれる家の2階です。厨子2階といわれる物置として使われた空間で、壁は土壁のまま、天井も屋根裏...

[ 古民家 ]

和瓦
イメージ

瓦屋根の葺き替えです。瓦屋根は耐久性があります。耐用年数は一般的には60年くらいですが、以前に築100年...

[ 木の家 ]

枚方の家 完成
イメージ

枚方の家が完成しました。大阪では準防火地域のところが多いです。奈良では駅近でもなければめったに指定さ...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ