コラム一覧 :エアパス工法

1件~15件(230件)

過去の15件

枚方の家 完成

イメージ

枚方の家が完成しました。大阪では準防火地域のところが多いです。奈良では駅近でもなければめったに指定されていません。サッシなどが防火仕様になり、材料費が高くなります。大阪では当たり前のことかもしれません。一方、奈良で多いのは市街化調整区域です。こちらの家では、延... 続きを読む

エアパス工法

2018-03-15

枚方の家 仕上げ

イメージ

和室を造作中です。竿天井という天井です。ラミ天と言われるフィルムを貼った天井を使って底目地に仕上げることが多いですが、新建材を使わないようにしているので竿天井にしています。他にも手の込んだ格天井という仕上げもありますが、めったに施工することはありません。竿天... 続きを読む

エアパス工法

2018-02-15

二条の家 完成の見学会

イメージ

もうすぐ完成の家です。これは当社の設計が着工前に造った家の模型です。施主さんに家を実感してもらうためにいつも作っています。平面図や展開図、パースなどを使って打ち合わせを重ねますが、なかなか伝わらない部分があります。施工する側ではイメージができていても一般の方にと... 続きを読む

エアパス工法

2018-01-22

枚方の家 内法という決まった寸法

イメージ

建築業界、特に住宅業界には内法という用語があります。床から鴨居まで、敷居から鴨居までの内側の長さのことです。今の住宅では建具の高さはほぼ2mを基準に造られています。掃出しと言われる床からあるサッシも既製品は2mで造られています。この内法を揃えることで仕上がった時に鴨居の... 続きを読む

エアパス工法

2018-01-21

二条町の家 完成間近

イメージ

木工事が終わった状態の部屋です。今では、構造材(梁)を見せたり、天井を勾配にして高くとるのはよく使われる仕上げです。外観をバランスよく見せようとすると2階の階高を低くした方がよく見えるのですが、そうすると2階の天井が低くなります。それで勾配にして少しでも高く見せようと... 続きを読む

エアパス工法

2018-01-13

枚方の家 仕上げと下地

イメージ

節ありの杉板ですが、節があるかないかは住む人の好みです。節はあったほうが木らしくていいと感じる人、節が嫌いな人に分かれます。しかし、自然の床板にありがちなこととして経年変化で全体にあめ色に変わってくることです。そうなると節ありでも節は気にならなくなります。また杉の... 続きを読む

エアパス工法

2018-01-05

枚方の家 外壁工事

イメージ

外壁の通気胴縁の施工が終わったところです。この上に通気防湿シートの施工をします。この後、外壁の施工にかかりますが外壁の仕上げも化粧サイディング、吹付、モルタルやシラス壁の掻き落としなどいろんな仕上げがあります。サイディングなどは種類も豊富で光触媒や水触媒を使... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-25

二条の家 屋根工事

イメージ

屋根工事の最中です。屋根に使う材料もたくさんあります。コロニアルからセメント瓦、ガルバリウム、和瓦とあります。和瓦はその中でも高価な方ですが、「屋根は和瓦でないと」という人がいます。確かに歴史的にも一番実績があります。一般的には耐用年数は60年くらいと言われます... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-22

換気口からの雨の侵入

イメージ

エアパスの家は基礎断熱です。壁には空気の取り入れ口がついています。室内側の空気を取りれて外壁を伝って小屋裏に入ります。基礎断熱なのですが、基礎の換気口が開閉式になっています。夏に外からの空気を取り入れるためです。虫の侵入を防ぐために内側にはステンレスの網が取り付... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-19

家の床

イメージ

床貼りの作業中です。ある程度家の仕組みが解る人から見ると、床下に断熱材が入っていないと思われるかもしれません。また、いまだに根太を使って床板を貼っていると思っているかもしれません。断熱材は基礎で断熱しているので床板の下には断熱材がありません。根太を使っているのはな... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-12

枚方の家 ガルバリウム

イメージ

屋根のガルバリウムの施工中です。瓦棒や縦ハゼ葺きと違って段葺きです。既製品を横に並べて固定していくのですが、ケラバと言って切妻の面は細工が必要になります。写真のように平面部分だけを切伸ばして伏せていきます。このようにガルバリウムを細工するために細かく切っていくこ... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-11

六条の家 床貼り・天井下地

イメージ

床貼り作業中です。杉の床板を使っています。自然素材の床板を貼っている工務店今ではたくさんあります。ほとんどが杉板か桧の板ですが、中にはウォールナットを使っている家もあります。自然素材の家造りを当社が始めたのは10年ほど前です。それ以前から自然素材の家はありましたか... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-08

枚方の家 エアパス検査

イメージ

枚方の家にエアパスの検査に来ています。屋根工事も終わっています。最近よく使われるガルバリウム鋼板の屋根です。軽くて手ある程度耐候性があるので使われますが、鋼板ゆえに熱が伝わりやすく、音が反射するデメリットがあります。エアパスの場合は空気を上昇させるためにある程度熱... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-06

断熱材は万能ではない

イメージ

2020年には次世代省エネ基準が義務化されるようです。私も昨年この講習を受けたところです。一般的には、グラスウールを断熱材として使われています。細かい施工方法を見ていると厳密に施工しようとするとかなり手間がかかりそうです。省エネ基準が義務化されるということは温熱計算... 続きを読む

エアパス工法

2017-12-02

壁体内通気

イメージ

外壁の通気胴縁が終わったところです。今の家はどんな家でも外壁通気を取っています。壁体内通気と言って壁の中を通気させることで湿気を逃がし壁体内結露結露を防ぐためです。壁体内結露は室内側と室外側の温度差で起きます。一般的な結露対策としてはグラスウールなどの断熱材は室内... 続きを読む

エアパス工法

2017-11-28

1件~15件(230件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
天井の仕上げ
イメージ

古民家というと家の造りが現代の家と少し違います。ほとんどが真壁で天井は1階なら2階の床の梁が見えていたり...

[ 古民家 ]

古民家の改修
イメージ

古民家の改修をしています。土壁の下地になる木小舞というものです。ほとんどは竹で編むのですが、職人さん...

[ 古民家 ]

厨子2階のリフォーム
イメージ

古民家といわれる家の2階です。厨子2階といわれる物置として使われた空間で、壁は土壁のまま、天井も屋根裏...

[ 古民家 ]

和瓦
イメージ

瓦屋根の葺き替えです。瓦屋根は耐久性があります。耐用年数は一般的には60年くらいですが、以前に築100年...

[ 木の家 ]

枚方の家 完成
イメージ

枚方の家が完成しました。大阪では準防火地域のところが多いです。奈良では駅近でもなければめったに指定さ...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ