コラム

 公開日: 2013-12-17  最終更新日: 2017-05-28

シロアリと床なり対策の根太施工


床板(杉板)を貼っているところです。
この床板の下地になる木が根太という部材です。
写真では床板の下に30㎝位の間隔で並んでいる木ですが、
構造見学会などでもこの部分は皆さんあまり気にされません。
また、この根太という部材自体が使われなくなってきています。
根太を省略して大引きや土台の上に直接合板を貼り、その
上に仕上げのフロアーを貼るのが一般的になってきています。
この方が床面の剛性が取りやすいからです。
そして床下は基礎パッキンによる通気を取って外部という扱い
になっている家がほとんどです。

リフォームなどをさせてもらうとまだこの根太という木はほとんどの家
で使われています。
そしてこの木が劣化し、床がフワフワしていることがあります。
細い木が使われていることが多いのですが、意外と大事な部分です。
また、断熱材はこの床板の下に入っている場合が多いですが、これは
シロアリが発生しやすくなります。
床板と断熱材の隙間に発生します。シロアリにとって湿度と温度がちょうど
いい環境になるからです。
(写真は基礎断熱です。)



今の工法は、進歩しているようでいろんな弱点があります。
どんな製品でも同じですが、造った時が一番きれいで一番丈夫です
が、経年変化を楽しめる家づくりがしたいです。
また、構造は単純なほどメンテもしやすいです。
合板を重ね合わすと床鳴りが生じたりしたとき、どこが原因で床鳴りを
起こしているのかわからないことがあります。
そして、天然の木材は年月とともに強度は増していきます。
奈良でこんな長寿命の家を造りたい方はこちらをご覧ください
http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=119

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームの見積もり
イメージ

リフォームの現地調査に来ています。空き家を購入してリフォームするという物件が増えています。このリフォ...

[ 家づくり ]

二条町の家 完成間近
イメージ

木工事が終わった状態の部屋です。今では、構造材(梁)を見せたり、天井を勾配にして高くとるのはよく使われ...

[ エアパス工法 ]

解体かリフォームか
イメージ

家の建て替えで解体をしています。今は新築の物件が減ってきてリフォームが増えてきていますが、建て替えの...

[ 木の家 ]

仕上げの下地には石膏ボードか合板か
イメージ

リフォームをさせてもらっている家です。築50年くらいの土壁の家です。当社ではめったに合板類は使わないの...

[ 木の家 ]

枚方の家 仕上げと下地
イメージ

節ありの杉板ですが、節があるかないかは住む人の好みです。節はあったほうが木らしくていいと感じる人、節が...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ