コラム

 公開日: 2013-11-03  最終更新日: 2017-04-20

古材を再利用する家



上棟の準備です。
倉庫で加工した材料をこれから運搬します。
今回は一部の梁に古材を使わせてもらいます。
削って仕上げてあるので新材と見た目は変わりませんが、部分的に
以前の加工の跡が残ってます。
立派な丸太です。
100年ほど経過してますが、木の寿命としてはまだまだです。



完成するとこんな感じです。
新しい木材を使っているように見えます。
当社では、新築工事の構造材は天然乾燥材を使っていますが、
機械乾燥ほど乾いていないので、住まわれてから1年、2年経過すると
このような材積の大きな梁などの周囲は乾燥による隙間がよく出ます。
2年ほど経過したところで補修させてもらうのですが、古材の場合は
すでによく乾燥しているのでその心配がありません。



古材を使う場合、在庫を持っている材木屋さんにお願いすることもありますが、
ほとんどの場合は、建て替え時における以前の建物の部材を使うことになります。
解体時にも丁寧な解体が必要になりますし、梁材などはレッカーで釣り上げて
確保します。


上記の梁材を使った、只今建築中の家です。
完成が楽しみです。


こんな家づくりをお考えの方はこちらをご覧ください
http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=122

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
クロスのシミ
イメージ

家の室内の仕上げに使われるクロスですが、下地によってシミが出ることがあります。これはクロスに限らず漆喰...

[ 家づくり ]

給排水設備と電気設備
イメージ

設備工事で使う給排水管の鞘管と言われるものです。コンクリートの土間に埋まってしまう給排水管に異常が発...

[ 家づくり ]

家の床
イメージ

床貼りの作業中です。ある程度家の仕組みが解る人から見ると、床下に断熱材が入っていないと思われるかもし...

[ エアパス工法 ]

枚方の家 ガルバリウム
イメージ

屋根のガルバリウムの施工中です。瓦棒や縦ハゼ葺きと違って段葺きです。既製品を横に並べて固定していく...

[ エアパス工法 ]

六条の家 床貼り・天井下地
イメージ

床貼り作業中です。杉の床板を使っています。自然素材の床板を貼っている工務店今ではたくさんあります。...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ