コラム

 公開日: 2013-09-28  最終更新日: 2017-04-16

古民家を解体して出た古材を再利用します




古民家を解体した時、残してもらった材木があるということで、見に行かせて
もらいました。
築100年以上の家だったそうです。
もとは煤けて黒かったのですが削って仕上げてあります。
よく乾燥していてかなり固くなっていたので、加工が大変だったそうです。
今回、新築されるお客様にこの材木を使うことを提案させてもらいました。
材木は、伐採してから100年から200年は徐々に強度が増していって、それから
100年ほどの期間をて伐採した時の強度に戻ると言われています。
材料としての寿命はまだまだありますし、よく乾燥しているのでこれ以上の収縮や
変形はないでしょうから、構造材としては最適です。
100年以上かけてここまで育った木ですから、それ以上使ってやることが大事だと
思います。


その古材を使った家が完成しました。
仕上げてあるので周りの新材との違和感はありません。
大工さんは加工が大変だったようですが、よく乾燥しているので住んでからの狂いは
少ないはずです。


こちらは解体の現場です。
施主さんからの要望で、使われている古材を取り出しています。
使えそうな古材は全て取り出しますが、すべてが使えるとは限りません。
構造上必要な断面寸法を満たしてくれることが条件になります。


幸い、思惑通りにちょうどいいところに古材を使うことができました。
リビングの天井になる部分です。
いつも眺めることができるので施主さんも喜んでくれるでしょう。

築年数の古い家には大きな構造材がよく使われています。
現代の住宅は、計算上必要な寸法の構造材しか使いませんから、
総じて断面寸法が小さく、金物がたくさん使われるのでこのような古材が
取れるようなことはなくなると思います。
大きな構造材が使われているのなら、単純に、解体、廃棄処分するのでは
なく、再利用することも考えてみませんか。
古いものにはいいものがたくさんあります。
構造材に限らず、建具やガラスも使えます。



奈良でこんな家づくりを考えている方はこちらをご覧ください
http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=104

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームの見積もり
イメージ

リフォームの現地調査に来ています。空き家を購入してリフォームするという物件が増えています。このリフォ...

[ 家づくり ]

二条町の家 完成間近
イメージ

木工事が終わった状態の部屋です。今では、構造材(梁)を見せたり、天井を勾配にして高くとるのはよく使われ...

[ エアパス工法 ]

解体かリフォームか
イメージ

家の建て替えで解体をしています。今は新築の物件が減ってきてリフォームが増えてきていますが、建て替えの...

[ 木の家 ]

仕上げの下地には石膏ボードか合板か
イメージ

リフォームをさせてもらっている家です。築50年くらいの土壁の家です。当社ではめったに合板類は使わないの...

[ 木の家 ]

枚方の家 仕上げと下地
イメージ

節ありの杉板ですが、節があるかないかは住む人の好みです。節はあったほうが木らしくていいと感じる人、節が...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ