コラム

 公開日: 2013-09-24  最終更新日: 2017-02-20

気分転換に趣味のバイクでツーリング



昨日は天気が良かったので、ちょっと息抜きに昼から会社を抜けて曽爾高原まで
ツーリングに行ってきました。
趣味というほどではないですが、普段は通勤程度にしか乗っていないのでほとんど
遠出したことがありません。
街中はまだ暑いですが、天理街道から榛原へと山間を抜けていくと涼しくてとても
気持ちいいです。
走っているときは、自分一人の世界ですから普段の煩わしさからも解放されて息抜き
には最適です。



こちらは、昨年の秋に滋賀県のアカシア並木に行った時の写真です。
ネットで調べて行ったのですが、こんなに近くにこんな並木があるとは初めて知りました。
車を止めて撮影している人がたくさんでしたが、駐車しないで下さいという看板が立って
います。
つい、バイクなら邪魔にならないかと思って撮ってしまいましたが、少し反省しています。

バイクという趣味もマニアックな部類に入るのでしょうか。
特に今の若い人は車やバイクにはあまり興味がないようです。
又は、興味があるけれども経済的な余裕のなさから所有できないのかもしれません。
特にバイクはリターンライダーが多いですね。
私もそうです。
私が高校から大学の時代は、誰もが免許を撮れる年になれば競うようにして免許を
取りに行き、親にせがんで、または一生懸命アルバイトをして買ったものです。
バイクも今ほど高価ではなかったです。
それでも大きなバイクは買えずに小型のバイクで辛抱していました。
それが時間的にも経済的にも少し余裕ができるとまた乗りたくなって買ってしまいました。

バイクを購入しに行った時も、ディーラーの人が言ってましたがほとんどが私のような50代
から60代の人ばかりが買いに来るそうです。
輸入車ですから、若い人には手が出ないというのも理由でしょう。
私も輸入車にこだわりがあったわけではないですが、どうせ買うならとBMWにしましたが、
日本で乗るには国産車がいいと思います。
バイクの性能と交通事情が合っていると思います。
私はハーレーに乗ったことがないですが、BMWに関して言えば安全性はよくわかります。
ABSやトラクションコントロール、シートヒーター、グリップヒーター、電動で上下するカウルなど
至れり尽くせりですが、低速のトルクが低くギヤ比が高いため日本の渋滞路では扱いにくく、
ついスピードが出てしまいます。
6段変速ですが、一般道では2~3速ですし、6速などは高速でしか使いません。
それとそれなりの体格を必要とします。
単に、私が短足なだけかもしれませんが、身長170㎝位は欲しいところです。
バイク乗りにしかわからないことかもしれませんが、風を切って走る爽快感は何とも言えません。
危険も伴いますが、この歳ですからそう無茶な運転もしません。
体力と視力が続く限り迷惑を掛けない範囲で乗り続けたいと思ってます。



http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームの見積もり
イメージ

リフォームの現地調査に来ています。空き家を購入してリフォームするという物件が増えています。このリフォ...

[ 家づくり ]

二条町の家 完成間近
イメージ

木工事が終わった状態の部屋です。今では、構造材(梁)を見せたり、天井を勾配にして高くとるのはよく使われ...

[ エアパス工法 ]

解体かリフォームか
イメージ

家の建て替えで解体をしています。今は新築の物件が減ってきてリフォームが増えてきていますが、建て替えの...

[ 木の家 ]

仕上げの下地には石膏ボードか合板か
イメージ

リフォームをさせてもらっている家です。築50年くらいの土壁の家です。当社ではめったに合板類は使わないの...

[ 木の家 ]

枚方の家 仕上げと下地
イメージ

節ありの杉板ですが、節があるかないかは住む人の好みです。節はあったほうが木らしくていいと感じる人、節が...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ