コラム

 公開日: 2013-09-22  最終更新日: 2017-04-21

リフォームに耐えられる日本の木造住宅



住宅の全面リフォームをしています。
間取りの変更を伴うので構造材を残して、仕上げ材をほとんど解体撤去します。
雨漏れによる腐朽やシロアリの被害を受けていない限りほとんどの構造材は十分
使用可能です。
材木の寿命からしても天然の木材である限りは100年から200年くらいは強度が
増していきますから、住宅もそれを使い切るくらいの寿命があってもいいと思います。

先日吉野の材木屋さんが、築200年程度の家から古材を引き取ったそうですが、
固くて加工ができないくらいだそうです。
それくらいの性能を持った材料なのですから、もっと永く使ってあげて初めて本来の
機能を発揮してくれるものなのです。


在来の木造住宅のいいところは、リフォームしやすいという点です。
耐震補強も間取りの制限はありますが、比較的簡単です。
いろんな家をリフォームしていると造り方の変遷や構造材の違いなどがよくわかります。
築50年くらいまたはそれ以前の家は、比較的構造材が大きく丈夫です。
丸太もよく使われています。
このような構造材は、場合によって表しにしてあげるといい雰囲気になります。
10年から20年くらい前のリフォームではなんでも新建材で覆い隠してしまうリフォームが
流行りましたが、今は反対に表しにしてあげるリフォームが流行っています。
温故知新ではないですが、家造りも昔のような作りが復活して同じことを繰り返すの
かもしれないですね。

住宅の寿命が長くなって住み継ぐ人が増えれば、現代の人のように毎世代の人が住宅
を建てる必要もなくなり結果的に住宅に掛ける費用も少なく済むと思います。
それにはまず、住む人の考えから変えて行く必要があると思っていましたが、初めから同居
を目的に家を持てない人はたくさんいます。
誰もがそんな余裕のある家を持てるわけではありません。
代々その土地に住めればいいですが、仕事や家庭の事情で生まれた土地を離れる人もいます。
そのような環境で「自分の子供もここで」という考えにはなりません。
ただ、その家が老朽化して解体することになってもまた同じ場所に家が建てば町の空洞化や
むやみな開発はなくなるのではないでしょうか。


家造りとは⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=112

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
階段の格子
イメージ

大工さんが、格子状の物を作っています。何を造っているかというとこちらです。階段の手すり壁です...

[ 木の家 ]

家に使う木をすべて供給する材木屋さん
イメージ

三重県熊野の原木市場に来ています。手前に置いてあるのは桧の原木です。この後、表面の皮を剥いで製材工場...

[ 木の家 ]

三重県熊野の製材工場
イメージ

三重県熊野にある「野地木材工業」さんにお邪魔しています。今、原木を製材しているところです。どんどんス...

[ 自然素材 ]

十津川の家 見学会
イメージ

昨日は、十津川の家の構造見学会でした。遠方にもかかわらず数組の方が見学に来られました。昨日はかなり...

[ エアパス工法 ]

十津川の家
イメージ

屋根の防水紙(ルーフィング)の施工が終わりました。銀色の派手な色をしていますが、遮熱のためです。...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ