コラム

 公開日: 2013-07-13  最終更新日: 2016-08-24

住宅の構造材としての天然乾燥材と機械乾燥材



天然乾燥材と機械乾燥材です。
機械乾燥は、強制乾燥材または人工乾燥材とも言われます。
KD材はkiln dry(キルンドライ 乾燥炉を使って乾燥させること)

機械乾燥にも蒸気乾燥と燻煙乾燥がありますが、ほとんどは蒸気乾燥です。
木材の表面に高温の蒸気を当てて内部の水分を熱して乾燥させます。
乾燥するとひびが入るので蒸気を当ててひび割れを防ぎます。
体積の大きな材木は乾燥が難しいようです。この時心配されるのが内部割れ
という表面ではなく内部で割れが生じることがあるということです。
天然乾燥材は、当然周囲から乾燥するので、内部の体積はそのままですから
周囲にひび割れが生じます。
構造材としてはどちらも一長一短あります。

木材の特徴として調湿効果があるといわれます。
以下はある個人の方が自分で実験をした結果です。
天然乾燥材と人工乾燥材・集成材のサンプルを24時間水につけて重量の変化
を測ったそうです。
自然乾燥材は重量が13パーセント増加したが、人工乾燥材と集成材は6~8%
しか増えなかったそうです。
自然乾燥材は、人工乾燥材・集成材に比べて2倍の水分を含むことができるよう
です。
やはり強制的に乾燥させると本来の木の繊維自体も痛めてしまうようです。



最近少しづつ天然乾燥材が増えつつあるようですが、まだ、ほとんどの工務店や
メーカーは機械乾燥材を使っています。
意外と、工務店の方でも天然乾燥材などもうないと思っている人もいます。
確かに特別にお願いしてストックしておいてもらう必要はあるかもしれません。
天然乾燥材は、木 本来の香りと強度を保ってくれますが昔のように長い工期を
かけて家づくりをする時代ではないので、どうしても乾燥の程度が限られます。
ひび割れや収縮を起こします。
とくに現代の高気密・高断熱の家造りには不利な点もあります。
断熱に隙間ができる可能性もあります。
また、ヒビ割れが怖くては使えません。
しかし、収縮したり割れたりするのは自然のものですから仕方ないことです。
表面的な仕上げ材にも自然素材がよく使われるようになりました。
仕上げ材はまず機械乾燥にかけていないと使えないというのは分ります。
床板などは、乾燥していないと継ぎ目が大きく開いてしまいます。
しかし、これもやりすぎてしまうと本来の良さはなくなります。
乾燥の度合いが高いほどいいように宣伝する会社やそれがいいと思って感心する
消費者の方もいますが、それは間違いです。
「乾燥後の含水率が8%です」というところもありますが、
普通の家の平均含水率は18から20%ですから、そのまま使えばその数値に戻って
しまいます。
そこまで乾燥させる必要はありません。木を傷めるだけです。

以前、山林組合の方が一般の消費者の方から、「機械乾燥と天然乾燥とでは
どちらがいいのですか」という質問を受けて「どちらがということはありませんが、少なく
とも神社・仏閣には機械乾燥材は使われていません」と返答されていました。




奈良でこんな材料で家づくりをしたい方はこちらをご覧ください
http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古材を再利用するということ
イメージ

今ある蔵を解体してここに離れを建てる予定です。蔵の天井を見上げるときれいな丸太の梁が並んでいます。施...

[ 古材 ]

難しい構造計算
イメージ

今、着工を控えた家の長期優良住宅の認定を取るために構造計算をしてもらっています。以前は自社ですべて計...

[ 木の家 ]

焼き杉を使った塀
イメージ

焼き杉の塀を造っています。既成の焼き杉の板もありますが、両面を焼いた焼き杉はありませんから、取引先の...

[ 木の家 ]

耐震補強 新しく基礎を造る
イメージ

築40数年の家をリフォームさせてもらっています。入母屋造りのかなり立派な家です。写真はその家の小屋裏...

[ 古民家 ]

寒さは健康を阻害する?
イメージ

今日は秋晴れといった天気気持ち良かったですね。しかし、日を追うごとに寒くなってきます。ここ数年は、...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ