コラム

 公開日: 2013-07-05  最終更新日: 2016-08-07

産業廃棄物や六価クロムを残さない砕石による地盤改良








地盤改良は住宅を建てるに先立ち地盤の地耐力調査をした
結果、必要になることがあります。
この改良工事も調査会社の基準が違うのか必要と判定する
会社と不要と判定する会社があったりします。
費用のかかることですから不要に越したことはありません。
また、地域によっては周辺が軟弱地盤のままで部分的に地盤
を補強すると地震が起きたとき補強した部分に大きな力が
かかって却って大きく揺れることもあるそうです。

改良工事の費用は当社の場合で35坪程度の家で60万から80万
程度かかっています。支持層の深さによって改良層の深さが
変わります。表層改良→柱状改良→鋼管杭の順に高価になります。

当社は、写真のような砕石による改良をしています。
以前は一般的な柱状改良を行ってました。
セメントミルクを注入しながらその場にある土壌を柱状に固めて
コンクリートの柱を地中に作る方法です。
この場合、固化材がその土地の土壌と混ざることで化学反応で
汚染を招く可能性があると言われます。
地面の中には何が埋まっているかわからないからです。
また、コンクリートの柱自体は産業廃棄物となります。
これでは環境への負荷が大きいということで天然の砕石を使う
ことにしました。
またこの工法は、地盤の液状化が起きそうになったとき砕石の隙間
が水圧を下げて液状化を抑制してくれます。
改良工事も将来のことを考えて工法を検討してください。

最近特に地盤改良をしないで地盤保証を付けるというところがあります。
消費者にとってはいいことかもしれませんが、不同沈下が起きたときのことを
考えるとしなければいいというものでもありません。
もちろん保証はされるのですが(保証といってもかなり細かい規定があります)
どうしてこのようなことができるかというと、地盤の不同沈下が起きる確率が
大変低いからです。
本来、地盤補強をしなければならないところに家を建てようとするから起きる
ことでもあります。
無理な開発や昔なら建てなかったようなところにも家が建つことがあります。
これは広島での土石流や福島での津波の時にも影でいわれたことです。
古い地名を調べるとその土地の由来が解るといいます。
今はそのような地名も消えて新しく聞こえのいい地名に変わっているところが
たくさんあります。

見晴らしのいいきれいに整った開発地はいかにも住みやすそうで、あこがれる
気持ちはよくわかりますが、数10年経つと世代が変わりさびれた団地になることは
多々あります。
住むところも将来を考えて選びましょう。

奈良で素材にこだわった住宅づくりをお考えの方はこちらをご覧ください
http://www.rinwa.jp/

 

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
現行の耐震基準は正しいのか
イメージ

日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた...

[ 木の家 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

当社では新築工事もリフォーム工事も自然素材を使った仕事がほとんどですが、中には新建材を使ったリフォー...

[ リノベーション ]

上棟を控えて
イメージ

上棟を控えた現場です。最近の建築現場どこもは数年前に比べてずいぶんきれいになりました。どうすればきれ...

[ 木の家 ]

玄関に使うカウンターを選んでもらう
イメージ

当社では無垢の木のカウンターをよく使います。カウンター材と言っても樹種もいろいろあれば大きさや厚み川...

[ 木の家 ]

銘木というもの
イメージ

今日、リフォームをさせてもらっているお客様を連れて銘木店に行ってきました。和室の天井板を選んでもらう...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ