コラム

 公開日: 2013-06-28  最終更新日: 2016-07-07

建て替えの場合に思い出のある部材を使う再利用



建て替えとなると、以前住んでいた家が完全になくなってしまいます。
そんな時、再利用できそうなものや思い出のある物があれば解体の
前に取り外しておくと意外といいものができたりします。
写真の飾り棚は床の間の地板です。(手摺は柿の木です)

旧家で床の間があるとほかにも欄間や床柱など再利用できるものは
多いです。
構造材でも今では取れないような大きな丸太などがあれば再利用を
検討するのもいいと思います。


こちらは何気ないカウンターですが、床の間の地板を削って作ったカウンター
です。
削りなおすときれいな木目が出て、もとは何だったかわからなくなりますが、
材料費も節約できます。


建具を再利用したものです。
昔の建具は無垢の木でつくるのが当たり前でしたから、少々年数がたっても
十分使えます。
新たに作り直すとしても高価なものもあります。
ただ、今は内法と言って出入り枠の高さがほぼ2mが標準になっているので、
継ぎ足しが必要になることもあります。

古いものを使うとかえって高くつくこともありますが、建具などは少し細工するだけ
で使えますから、予算の節約にもなります。
今の新建材と違って無垢の木でつくられたものは古くなっても味がありますし、壊
れにくいものです。
構造材を再利用することもありますが、使えるのはほとんどが梁材です。
柱などは足元が傷んでいることが多く、新築には使えない場合が多いです。
一方、梁材は大きな部材が多く高いところ(環境の良いところ)で使われているので
雨漏れなどがない限り良好な状態で採れます。
しかし、屋根の母屋などに使われている丸太または外部に面して使われていた丸太)
は隠れている部分がスカスカになっている場合があります。
見た目で丈夫そうに見えても構造には使えないこともあるので、注意しましょう。


再利用すればわずかながらも、環境にも貢献できます。

こんな建て替えを希望する人はこちらをご覧ください⇒http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
今時のリフォーム
イメージ

新築そっくりさんではないですが、家を丸ごとリフォームする工事が増えました。大きな家は大きいなりに、小さ...

[ 木の家 ]

二条の家 上棟式
イメージ

上棟です。幸い天候に恵まれて順調にここまで来ました。中央の高い部分は越屋根になります。構造材は...

[ エアパス工法 ]

二条の家
イメージ

今日は上棟前日の作業として1階の建て方でした。上棟が近づくと天候が気になります。昨日の大雨で日程が1日...

[ エアパス工法 ]

十津川の家
イメージ

十津川の家は和室の造作に取り掛かっています。床柱に長押、仏間、床の間と昔ながらの和室です。当社もこの...

[ エアパス工法 ]

上棟前の土台伏せ
イメージ

土台伏せをしています。土台とは、基礎の上に乗せる柱の根元を固定するための木材です。土台の間に等間隔に...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ