コラム

 公開日: 2013-06-23  最終更新日: 2016-06-20

濡れ縁とウッドデッキ


雨縁とも言いますが、雨ざらしの縁側のことです。
水はけを良くするために隙間を開けて板を貼ります。
竹を使う場合もありますが、ほとんどはヒノキの板です。
最近は、耐久性重視で南洋材のイぺやセランガンバツ
なども使われるようになりました。
濡れ縁は、縁側と違って板は直角方向に貼ります。
本来は、そこに座って庭を眺めたり近所の人と談笑したり
する場所ですが、そんな設定はしにくくなりました。
そんな奥行きのある庭のある家が少ないですから。


最近多いのがこのウッドデッキです。
リビングなどの部屋から直接段差なく出ていくことができます。
希望する人も多いですし、こちらも提案するのですが皆さん
普段はどのような使い方をしておられますか。
どの人も南側に造らないとダメなように思いこんでいるところが
ありますが、真夏などはあまり出る気にはならないですね。
オーニングや庇をつける人もいますが、年中使うのならこんな
設備も必要かもしれません。
敷地に余裕があるのなら北側のデッキもいいものです。
北側なら真夏でも気持ち良く使えます。

デッキや濡れ縁は既製品もありますが、圧倒的に木で造ることが
多いです。
前述の南洋材もありますが、特殊な防腐剤を注入した材もあります。
自然素材を謳うがゆえにあまり使いたくないですが、メンテが大変だと
思う人にはいいかも知れません。
個人的には、桧に柿渋が一番いいと思います。
当社のモデルハウス、ほぼ10年になります。
一度塗り替えましたが、今も健在です。
どんなところもそれなりのメンテは必要です。


木にこだわった住宅づくりに興味のある方はこちらをご覧ください⇒http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
難しい構造計算
イメージ

今、着工を控えた家の長期優良住宅の認定を取るために構造計算をしてもらっています。以前は自社ですべて計...

[ 木の家 ]

焼き杉を使った塀
イメージ

焼き杉の塀を造っています。既成の焼き杉の板もありますが、両面を焼いた焼き杉はありませんから、取引先の...

[ 木の家 ]

耐震補強 新しく基礎を造る
イメージ

築40数年の家をリフォームさせてもらっています。入母屋造りのかなり立派な家です。写真はその家の小屋裏...

[ 古民家 ]

寒さは健康を阻害する?
イメージ

今日は秋晴れといった天気気持ち良かったですね。しかし、日を追うごとに寒くなってきます。ここ数年は、...

[ エアパス工法 ]

省エネ性能に優れた家
イメージ

今日は完成見学会でした。「エコハウス」というのがあります。省エネな家のことです。今の一般的な家は次...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ