コラム

 公開日: 2013-06-22  最終更新日: 2016-06-18

木製の布団かけとバルコニー


 布団かけです。
バルコニーほどの奥行きはないですが、布団を干すにはこれくらいでも十分です。
庇を深くして雨がかかりにくいようにすれば、木製でも長持ちしますし突然の雨で
もあわてることはありません。
もっと単純に腰窓の外側に木をわたすだけでも布団かけとしての機能は果たします。
木製に限らず、アルミの既製品もたくさん出ています。
バルコニーとは使い道が違いますが、予算的にも安く済みますし、メンテナンスの面
でも楽です。


昨今の大気汚染や花粉対策として室内やインナーテラスに洗濯物や布団を干す人
が増えてきました。
こちらは、2階のホールに布団かけを造らせてもらったものです。
使わないときは取り外すことができます。
余談ですが、何でもかんでも無垢の木で造ると乾燥やねじれで横に渡す木がはまら
なくなったことがあります。
削ることで対応できますが、木によってはかなり捻じれたりします。
ステンレスパイプでも代用できそうですが、少々重くても木のほうがいいそうです。



こちらは最近施工させてもらった布団かけです。
まだ、塗装していませんがこのままでもいいかもしれません。
防腐や外観上、塗装することが多いのですがこの塗装は布団や洗濯物につきます。
「面倒ですが、何か敷いてから布団を掛けるようにしてください」という説明が必要です。

木で造作したものは良い点がたくさんあります。
しかし、あくまでも木ですから何十年も耐久性のあるものではありません。
特殊な防腐剤を注入した木材もありますが、どこか既成品のようでもあります。
雨がかかったりするところですから、フリーメンテで何十年も使いたい人は
アルミの既製品のほうがいいかもしれません。
ただ、あの夏場に手で触れないくらい熱くなるのだけは苦手です。



奈良で木製の造作が好きな方はこちらをご覧ください
http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
基礎工事 配筋検査
イメージ

新築の家の基礎工事中です。砕石を敷均し防湿シートを敷いた後に鉄筋を組み立てます。人通口の鉄筋補強...

[ 木の家 ]

構造材の大きさは誰が決めているのか
イメージ

大規模リフォームの現場です。ここは2階ですが、床の下地になっている梁が荷重でやや下がってきています。1...

[ 木の家 ]

新年あけましておめでとうございます。入院してみて気が付いたこと
イメージ

新年あけましておめでとうございます。皆さんは年末年始、どのように過ごされましたか。初詣、親戚めぐり...

[ 日々徒然 ]

誰もができるリフォーム
イメージ

いつごろからか、リフォームも大がかりに手を付けるようになったように感じます。リフォームする物件の築年数...

[ 木の家 ]

家を長持ちさせるには点検しやすい家を
イメージ

古民家と言われる築80年くらいの家のリフォームをしています。建築当初はここは、納屋だったかもしれません。...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ