コラム

 公開日: 2013-06-21  最終更新日: 2017-04-15

開放的な手造りのガラス障子



 飛騨高山にある日下部民藝館です。
ガラス障子を角で突きつけて閉じるようになってます。
普通はこの角に柱がありますが、開けたときに開放感がでるように
柱をなくしたんでしょう。
今のアルミサッシではできませんが、木製建具だといろんな演出ができます。
 またこのガラス、写真ではわかりませんが、わずかに波打っています。
当時の制作技術では仕方ないですが、かえって味があっていいです。

今、このようなレトロ調のガラスに人気があります。
昔は、このようにガラスにはたくさんの種類がありました。
サッシ業界に努めている人に聞くと昔はガラスの種類を覚えるのが大変だった
そうです。

写真のような坪庭は、京都の町屋にたくさんあります。
間口が狭くて奥行の長い家ですが、このような家には必ず作られています。
庭としてはこんな造り方しかできないのですが、通風と採光に大変有利です。
採光は確かにわかりますが、通風といっても開口部を設ければ風が流れると
いうものではありません。
夏、庭は温度が下がります。
前面道路との温度差を利用して風を動かしていると言われます。
昔の家は本当によく考えられています。


古民家をどうしようか考えている方はこちらをご覧ください⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=104

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
台風一過
イメージ

土台伏せが終わりました。土台には柿渋を塗装してあります。昔はよく大工さんと一緒に土台伏せをしたもので...

[ 家づくり ]

排水の方法も大事
イメージ

基礎工事が完了すると外部の給排水の工事にかかります。基礎の側面に穴が開いていますが、これは鞘管と言われ...

[ 家づくり ]

リフォーム工事が終わりました。
イメージ

リフォーム現場の完了検査です。竹を使った飾り棚です。陶芸が趣味の施主さんで皿などを飾りたいそうです。...

[ 木の家 ]

土台のジャッキアップ
イメージ

リフォームする家に行くと時々、床が明らかに傾いている家があります。住みなれてしまうとあまり感じなくなるの...

[ リノベーション ]

日本の木と漆喰の家
イメージ

新築の家の構造材を刻んでいます。出来上がればわからないことですが、こんな材料です。材種は杉です。一...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ