コラム

 公開日: 2017-02-23  最終更新日: 2017-04-21

現行の耐震基準は正しいのか


日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を
1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた木造建築物
2.昭和56年6月から平成12年5月までに建築された建物
3.現行規定が適用された平成12年6月以降の木造建築物
に分類して地震による倒壊状況を分析しました。

旧耐震基準の木造建築物は759棟のうち214棟、28.2%が倒壊しました。
被害がなかったのはわずか5.1%の39棟です。
新耐震基準の建築物は877棟のうち76棟、8.7%が倒壊しました。
無被害だったのは179棟、20.4%でした。
(8割がたは何らかの被害を受けたことにはなりますが)
現行規定が適用された319棟のうち倒壊はわずか7棟でした。
61.4%に当たる196棟は無被害でした。
(4割がたは何らかの被害を受けたことになります)


益城町では震度7が2回計測されています。
震度7クラスが繰り返されると耐震等級3でないと対抗できないというデータもあり
ますが、現行規定の耐震基準は地震に強いという結果が出ています。

建築基準法上の地震に対する表現はややあいまいです。
地震も震度6と言っても全ての地域で同じ揺れ方をするものでもありません。
しかし、現行の規定が有効ということは分りました。
当社は耐震等級3を標準にしています。
だからと言って地震が来ても大丈夫とは言い切れませんが、上記の結果から推測すると
ある程度自信を持って施工することができます。

木の家⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=119

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
排水の方法も大事
イメージ

基礎工事が完了すると外部の給排水の工事にかかります。基礎の側面に穴が開いていますが、これは鞘管と言われ...

[ 家づくり ]

リフォーム工事が終わりました。
イメージ

リフォーム現場の完了検査です。竹を使った飾り棚です。陶芸が趣味の施主さんで皿などを飾りたいそうです。...

[ 木の家 ]

土台のジャッキアップ
イメージ

リフォームする家に行くと時々、床が明らかに傾いている家があります。住みなれてしまうとあまり感じなくなるの...

[ リノベーション ]

日本の木と漆喰の家
イメージ

新築の家の構造材を刻んでいます。出来上がればわからないことですが、こんな材料です。材種は杉です。一...

[ 木の家 ]

基礎工事の流れ
イメージ

基礎の配筋検査が終わったところです。配筋の仕方は、当社では構造計算にのっとって鉄筋の太さや数を決めて...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ