コラム

 公開日: 2016-09-28  最終更新日: 2017-04-21

今更自然素材でもないですが、


自然素材を使った家もたくさん作られるようになって珍しくなくなりました。
一時期、ブームになりかけたころは良いことばかりが取り上げられ、だまさ
れたように感じている人もいるかもしれません。
そもそも、欠点があるから新建材が考え出されたのですから。
ただ、自然素材にもいいところがたくさんあって見直されたといったほうが
いいです。
シックハウスが主な原因です。

構造材に無垢材を使うときにされるのが、ひび割れや節です。
たまたま、ヒビがほとんど出ないこともありますが、基本ひび割れは発生します。
強度を気にされるようですが、影響しません。
夜中に木の割れる音が響くこともしばしばです。
「パチン」とか「バキ」という音ですが、5年くらい続くこともあります。
昔の家などでは、念入りに乾燥された木が使われていてひび割れのほとんど
ない家も時々見かけます。
そのような状態が普通と思われると今では自然素材の家は造れません。
また、節は枝の後ですからあって当たり前ですが、無地の柱を使った和室が
昔は普通だったのでその感覚があります。
無地(節のない木)で造ることは可能ですが、かなり高価になります。
和室に限らず自然素材を多用することになるからです。


床暖房、薪ストーブ、蓄熱暖房機などを使うと部屋が極端に乾燥します。
そうなると、自然素材の家はいろんな支障が出ます。
まず、床板は継ぎ目に鉛筆が入るくらい縮むことがあります。
また柱や梁にひびが入ることもあります。
それから木製建具が乾燥によりどちらかに反ったりもします。
どれもほとんどが使わなくなると元に戻ります。
固い木ほど縮んだり反ったりは少ないですが、それだけ呼吸していないと
いうことです。


自然素材の家はいい香りがします。
木によって好き嫌いはあると思いますが、この香りを売りにしているところ
もあります。
しかし、この香りすぐにわからなくなります。
香りがなくなるのではなく慣れてしまってわからなくなります。
打合せや施工中はまだ大丈夫です。
「借りて帰った資料からも木のいい香りがする」
子供さんが学校に行って「木のいい匂いがするね」と言われたとか聞きます
が、住む頃にはわからなくなるかもしれません。


玄関ポーチや土間に時々使う「三和土」という仕上げです。
通り土間などに使うと夏などひんやりとしていて気持ちがいいです。
しかし、これはひびが入ります。
古民家と言われるような土間の三和土は外の地面とほとんど高さが変わら
ないので、湿潤状態にあるのであまりヒビは入りませんが、現代のように地盤
面より高く施工すると乾燥状態になってひびが入ります。

このようにいい面もあれば悪い面もあるということを理解して使ってください。

木の家⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=119

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
リフォームの見積もり
イメージ

リフォームの現地調査に来ています。空き家を購入してリフォームするという物件が増えています。このリフォ...

[ 家づくり ]

二条町の家 完成間近
イメージ

木工事が終わった状態の部屋です。今では、構造材(梁)を見せたり、天井を勾配にして高くとるのはよく使われ...

[ エアパス工法 ]

解体かリフォームか
イメージ

家の建て替えで解体をしています。今は新築の物件が減ってきてリフォームが増えてきていますが、建て替えの...

[ 木の家 ]

仕上げの下地には石膏ボードか合板か
イメージ

リフォームをさせてもらっている家です。築50年くらいの土壁の家です。当社ではめったに合板類は使わないの...

[ 木の家 ]

枚方の家 仕上げと下地
イメージ

節ありの杉板ですが、節があるかないかは住む人の好みです。節はあったほうが木らしくていいと感じる人、節が...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ