コラム

 公開日: 2016-06-27  最終更新日: 2017-04-21

家の外観 


外壁の吹付、外装工事が完了しました。
掃出しサッシの腕木庇です。
最近はあまりつけないようですが、日差しのカットや少しくらいの雨なら
窓を開けることができます。


ステンレスの布団かけです。
木製で造ることが多いですが、今回は金属です。
メンテナンスを気にすることなく使えます。
ちょっとしたものですがあると便利ですし、飾りにもなります。


エアパス工法の越屋根です。
これがついているかいないかでエアパスかどうかが解りますが、
他でも採用しているところがあるので一概には言えません。
夏はここから壁や屋根の熱を逃がします。
屋根はガルバリウムの縦ハゼ葺きです。

エアパスの家は壁体内の通気を促すために合るバリウムを使うところが多い
ですが、工法に関係なくガルバリウムを使うところが増えました。
軽量で耐震的にも有利、またカラーベストよりも耐用年数が長いという点で
も使いやすいからだと思います。
金属製ですから、夏はかなり表面温度が上がります。
他の工法で使う場合は、断熱対策が必要です。
また、金属ゆえに音が反射します。
断熱だけではなく遮音・吸音対策もしておいた方がいいかもしれません。
私などは雨の音は気になりませんが、神経質な人は気になります。

前述の庇も本来雨の多い日本では、あったほうがいいです。
実際、今も残る民家などでは必ずついています。
構造や仕上げが変わってしまった今では必要なくなったのかもしれませんが、
何より生活の様式が変わったのが原因でしょう。
「窓を開けて風を通す」ということがあまり重要視されていないようです。
実際、共働きで普段家にいなければ、そんなことをしている間もないです。

次に外壁の仕上げも変化がありません。
防火上の問題もありますが、どこもかしこもサイディングとなってしまいました。

エアパスの家⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=111

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
十津川の家 屋根の断熱
イメージ

エアパスの屋根の断熱材の施工が終わりました。断熱材同士、垂木との接点は気密テープでふさいで隙間をなく...

[ エアパス工法 ]

足場が取れました
イメージ

エアパスの家がほぼ完成に近づきました。リビングの天井です。養生シートの青い色が反射してかまぶしいくら...

[ エアパス工法 ]

床暖房は快適
イメージ

リビングの床を解体しています。大引・束からやりかえていますが、床暖房にするための作業です。床暖房にす...

[ リノベーション ]

十津川の家 上棟
イメージ

十津川の家の土台伏せです。土台伏せと言えば、昔はほとんどの大工さん一人親方と言われる立場の通り一人...

[ エアパス工法 ]

エアパス工法の家 お引渡し
イメージ

今月お引渡しが済んだ家です。この家も越屋根でわかるようにエアパスの平屋の家です。平屋の家はあこがれ...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ