コラム

 公開日: 2016-02-02 

住宅の基礎


基礎のコンクリートの配筋状況の確認です。
下にあるコンクリートは捨コンと言って文字どおり型枠の
基準線を引いたり、型枠を支える下地になるもので基礎
コンクリートとは別物です。

基礎を造るときに一番注意しなければならないのが境界
からの離隔距離です。
私は経験がありませんが、上棟時に施主さんがおかしい
と気が付いて一から建てなおしたという話もあります。

鉄筋コンクリートというのは、強度的によくできた構造物です。
コンクリート自体は圧縮にはめっぽう強いですが、引張という
力にはあまり対抗できません。
一方、鉄筋は引っ張りといういう力に対して強く、圧縮に弱い
という性質を持っています。
両方を混ぜ合わせることで強度を保っています。
粉砕するにしても、無筋か鉄筋が入っているかでまったく固さが
違います。

コンクリートのかぶり厚さという言葉をお聞きになったことがあるで
しょうか。
鉄筋の周りが何cmのコンクリートに包まれているかがかぶり厚さです。
コンクリートは本来アルカリ性なので鉄筋が錆びることはありません。
しかし、少しづつですが風雨にさらされ中性化していきます。
この中性化が鉄筋まで達すると鉄筋が錆びる原因となります。
錆びれば膨張するので、コンクリートを内側から押し上げることに
なりコンクリートが破裂して鉄筋がむき出しになります。
むき出しになった鉄筋はますます錆びるということになります。

これが鉄筋コンクリートの寿命を左右することになります。
今では、コンクリートの外側に施工することで中性化を押さえる
技術もあります。
破裂してしまったコンクリートの補修工事も可能ですが、そうなる
前に対処するに越したことはありません。
見える部分でしか確認できませんが、50年以上経過しているよう
ならば調査してもらったほうがいいかもしれません。
ただし、木造住宅で50年というとまだ基礎がないことがほとんどで、
仮にコンクリートでも無筋コンクリートがほとんどだと思います。

輪和建設⇒http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
階段の格子
イメージ

大工さんが、格子状の物を作っています。何を造っているかというとこちらです。階段の手すり壁です...

[ 木の家 ]

家に使う木をすべて供給する材木屋さん
イメージ

三重県熊野の原木市場に来ています。手前に置いてあるのは桧の原木です。この後、表面の皮を剥いで製材工場...

[ 木の家 ]

三重県熊野の製材工場
イメージ

三重県熊野にある「野地木材工業」さんにお邪魔しています。今、原木を製材しているところです。どんどんス...

[ 自然素材 ]

十津川の家 見学会
イメージ

昨日は、十津川の家の構造見学会でした。遠方にもかかわらず数組の方が見学に来られました。昨日はかなり...

[ エアパス工法 ]

十津川の家
イメージ

屋根の防水紙(ルーフィング)の施工が終わりました。銀色の派手な色をしていますが、遮熱のためです。...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ