コラム

 公開日: 2015-11-25 

土壁の家 今見直してもいいとき



土壁 今はほとんど施工されることがなくなりました。
土壁は断熱性があまりありません。
断熱性はグラスウールの10倍以下で、グラスウール50ミリの断熱性を
持たそうとすると76cmの厚さが必要になります。
断熱性はありませんが、畜熱性はあります。
両方併せ持った材料があればいいのですが、それはありません。
材料を見てわかるように断熱性はそのものの比重に反比例します。

しかし、ある程度の蓄熱という性能も家には必要です。
蓄熱暖房である薪ストーブと蓄熱性能が高い土壁は相性がいいです。
室温の変化を緩やかにしてくれます。




輻射熱というものがあります。
普通は、部屋の温度の高い低いで暑さ寒さを判断しますが、
輻射暖房の場合、人の体感温度は室温と床・壁・天井の表面温度
を足して2で割った温度と言われます。
室温が低くても床・壁・天井の表面温度が高ければ暖かく感じます。
壁が蓄熱してくれると同じような状態を作り出してくれます。
土壁の家から普通の高気密の家に引っ越しをされて冬が寒く感じる
ようになったという人もいます。
普通は、今風の高断熱の家のほうが温かいはずです。
輻射熱の加減かもしれません。

輻射熱による暖房は快適です。
何より風がありません。
エアコンで暖かい空気を送っても風があたることで冷たく感じることもあります。
以前薪ストーブをつけさせてもらった家で、薪がなくなりエアコンを使い始めると
機械による風が不快に思うようになったと言われました。

土壁は究極の自然素材でもあります。
写真は、竹ではなく木で木舞を編んでますが、あとは土と藁だけです。
どこでも手に入りますし、どこに処分しても問題はありません。
ただ、今の時代では割に合わない施工費と高気密高断熱優先の家造りが
必要とされない理由です。
一部の工務店ではこれを売りにして施工しているところもあります。
なくなることはないと思いますが、残ってほしい工法でもあります。

輪和建設⇒http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
難しい構造計算
イメージ

今、着工を控えた家の長期優良住宅の認定を取るために構造計算をしてもらっています。以前は自社ですべて計...

[ 木の家 ]

焼き杉を使った塀
イメージ

焼き杉の塀を造っています。既成の焼き杉の板もありますが、両面を焼いた焼き杉はありませんから、取引先の...

[ 木の家 ]

耐震補強 新しく基礎を造る
イメージ

築40数年の家をリフォームさせてもらっています。入母屋造りのかなり立派な家です。写真はその家の小屋裏...

[ 古民家 ]

寒さは健康を阻害する?
イメージ

今日は秋晴れといった天気気持ち良かったですね。しかし、日を追うごとに寒くなってきます。ここ数年は、...

[ エアパス工法 ]

省エネ性能に優れた家
イメージ

今日は完成見学会でした。「エコハウス」というのがあります。省エネな家のことです。今の一般的な家は次...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ