コラム

 公開日: 2015-11-07 

風通しのいい家


断熱のためには熱を伝えにくい断熱材というものを使います。
密度の低いものほど熱を伝えにくいので、空気層をたくさん持った
ものとしてグラスウールやスタイロといったものがよく使われます。
断熱と言っても熱を遮断するわけではなく、熱の移動を遅くして
いるだけです。
空気が熱を伝えにくいのなら、壁の中に何も入れなくていいような
ものですが、空気は動きます。
対流と言って移動するのでこの移動で熱を運びます。
そこで空気が移動しないように断熱材を詰め込んでいます。

昔の家はほとんど断熱材が使われていなかったので、隙間風が多く、
寒いときは、局所暖房したり服を着込んだりして過ごし、夏は窓を
開放して風を通して暮らしていました。
しかし、今の家は、高気密・高断熱になり家全体が1年中セーター
を着込んでいるような状態です。
そして、冷暖房は設備機器が調節しています。
この高気密・高断熱のせいで建材からの揮発物質が問題になりシック
ハウス対策として、建材に規制がかかり24時間換気というものが生ま
れました。
おかげで、自然素材の普及もありますが、新建材もそれほど人体に
影響するようなものはほとんどなくなりました。
自然素材を使っていても持ち込む家具から発生するとも言われました
が、家具屋さんもそれなりに対応していることでしょう。
もともと、建築基準法でも換気のための開口部という規定がありますから、
この24時間換気というのは本当に必要なのかとも思います。
空気を循環させることで、家の中の温度を平準化させるという役目はあ
るかもしれませんが。
窓を開けることによる換気 風通しは自然の風で機械による風とは違って
気持ちのいいもので家の中の除湿もしてくれます。
家の立地条件のもよりますが、風通しは人にも家にも必要なものです。
なるべく冷暖房機器に頼らなくていいように計画できれば、省エネにもつ
ながります。

輪和建設http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古材を使った家をお考えの方へ
イメージ

今度の日曜日(3月26日)に構造の見学会をさせてもらう家です。以前建っていた蔵と納屋を取り壊して家族が住...

[ 古材 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

新建材を使ったリフォームです。当社は、新建材はめったに使いませんが要望があれば対応させてもらいます。...

[ 木の家 ]

大工工事が終わって、これから仕上げに入ります
イメージ

リフォーム工事の大工工事完了の検査に来ています。昨年の10月から工事をさせてもらっていますから、ほぼ半...

[ リノベーション ]

古材を使った家 
イメージ

2階の床を下から見上げた写真です。構造材は吉野の天然乾燥材を使っています。梁は杉、柱は桧です。天然乾...

[ エアパス工法 ]

在来工法の家
イメージ

この写真だけを見ると新築工事のようですが、これはリフォーム工事です。今の住宅業界は新築工事が減少して、...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ