コラム

 公開日: 2015-10-21 

日本の暖房 

断熱の話となるとよく引き合いに出されるのが、ドイツです。
寒冷地に属するので、断熱の仕方が日本とは根本的に
違います。
断熱材の厚みが30㎝から40cmというのですから、日本では
考えられません。
全館暖房が基本ですから、そうなります。
ドイツでは、一般家庭のエネルギー消費の75%を暖房のために
使っているのですから、大きな省エネにつながります。

一方、温暖な日本(北海道を除く)では、局所暖房が今も当たり
前のように行われています。というより、いかに人のいないところで
電気を使わないかのほうが重要かのようです。
もとより四季があるので、数か月我慢するだけでいいからか、日本人
の気質からか、それほどの断熱性は必要ないのかもしれません。
電気の消費量も断熱したからと言ってそれほど大きくは変わらないでしょう。

多少の寒さは我慢して、太陽光で発電、売電したほうが省エネになります。
施策自体もそんな感じを受けます。
以前、ゼロエネルギー住宅を施工させてもらいましたが、これなどはまさに
太陽光なしでは考えられません。
ドイツのような断熱は不要としても、総合的に考えるのなら純粋に断熱した
ほうが、省エネにつながるはずです。


エアパス工法の家ですが、壁にはわずか75ミリのポリスチレンフォームです。
柱の太さは12cmですから、数10センチもの断熱材はとても入りません。
天井は空間があるので可能ではあります。



日本には日本の家造りがあるので、極端な断熱は不要です。
パッシブハウスは、断熱材だけに頼らず、四季のある日本には向いていると
思います。
工法が全てではないですが、暮らしやすい環境があってこそ豊かな暮らしが
できるはずです。

エアパス工法の家⇒輪和建設http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古材を再利用するということ
イメージ

今ある蔵を解体してここに離れを建てる予定です。蔵の天井を見上げるときれいな丸太の梁が並んでいます。施...

[ 古材 ]

難しい構造計算
イメージ

今、着工を控えた家の長期優良住宅の認定を取るために構造計算をしてもらっています。以前は自社ですべて計...

[ 木の家 ]

焼き杉を使った塀
イメージ

焼き杉の塀を造っています。既成の焼き杉の板もありますが、両面を焼いた焼き杉はありませんから、取引先の...

[ 木の家 ]

耐震補強 新しく基礎を造る
イメージ

築40数年の家をリフォームさせてもらっています。入母屋造りのかなり立派な家です。写真はその家の小屋裏...

[ 古民家 ]

寒さは健康を阻害する?
イメージ

今日は秋晴れといった天気気持ち良かったですね。しかし、日を追うごとに寒くなってきます。ここ数年は、...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ