コラム

 公開日: 2015-09-03 

高気密・高断熱はよくない?



エアパスの家はパッシブソーラーハウスです。
「高気密高断熱の家とどちらがいいのか」
と比較されることもあります。

別に高気密高断熱が悪いわけではありません。
ただ、断熱材は万能ではありません。
完全に熱を遮断できないという欠点があります。
これを防ごうとすると断熱材の性能を上げるか
厚みを厚くするかという方法で対処することになります。

国の方針は、家の断熱性能を上げて省エネルギーにすること
そしてヒートショックなどによる事故を減らすことですが、
これを画一的に管理しようとすると高気密・高断熱は
数字で表すことができて管理しやすいからこれを推進する
という理由もあると思います。
その点、ソーラーハウスは、空気の流れを使うのでこれは家によって
差があり、画一的でなく管理しにくいです。

実際、空気が循環するダンパーなどは断熱材の欠損と判断され
ますし、開閉式の換気口などは窓とした扱になることもあります。
長期優良住宅の認定を取るにも取りにくい仕様です。

ヨーロッパの寒い国では、高気密高断熱の家ばかりだと思います。
驚くほど分厚い断熱材に3重ガラスなどは普通のようです。
それだけに、全館暖房は大したエネルギーも使わず普通にできる
ようです。

日本は、北海道を除いてヨーロッパほどの寒さはありません。
また、四季もあるのでいろんな季節に対応する必要があります。
そういった条件下なので、ソーラーハウスというものが生まれたのだ
と思います。(他国のソーラーハウスのことは分りません)

単純に高性能を目指すならば、高気密高断熱でいいと思います。
ただ、空気を利用した断熱の家もあっていいとも思います。
これは、日本人の気質もあるのではないでしょうか。
四季があるがゆえに、ある程度の暑さ寒さは、享受するような気質。
今でこそ、外部と遮断されたような家も受け入れられていますが、
本来は、自然とある程度共棲できるような環境のほうが、健康的で
もあります。

エアパス工法の家⇒輪和建設http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
現行の耐震基準は正しいのか
イメージ

日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた...

[ 木の家 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

当社では新築工事もリフォーム工事も自然素材を使った仕事がほとんどですが、中には新建材を使ったリフォー...

[ リノベーション ]

上棟を控えて
イメージ

上棟を控えた現場です。最近の建築現場どこもは数年前に比べてずいぶんきれいになりました。どうすればきれ...

[ 木の家 ]

玄関に使うカウンターを選んでもらう
イメージ

当社では無垢の木のカウンターをよく使います。カウンター材と言っても樹種もいろいろあれば大きさや厚み川...

[ 木の家 ]

銘木というもの
イメージ

今日、リフォームをさせてもらっているお客様を連れて銘木店に行ってきました。和室の天井板を選んでもらう...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ