コラム

 公開日: 2015-07-13  最終更新日: 2017-04-21

再建築不可物件

再建築不可物件 建て替えができない建物です。
たとえ今家が建っていても、解体して更地にしてしまうと
新しい家が建てられない土地があります。

売りに出されている古家付きの土地が再建築不可物件
ということもあります。
この再建築不可物件になる原因の多くは、接道義務を
満たしていないということです。

建築基準法で、幅員4m以上の道路に2m以上接した
土地でなければ家が建てられないと規定されています。
このような物件は一概に古い建物に多いです。
建築基準法による制約がなかったころに建てられた家です。
改築が可能である場合が多いですが、更地にして新築する
ことはできません。

しかし、この物件にもメリットはあります。
・再建築可能な物件に比べて安価
・固定資産税も安い。
・付近一帯が再建築不可ならば、マンションが建つなどの心配がない
一方、
・地震や火災などで倒壊した場合でも新築することができない。
・住宅ローンが適用されにくい
といったデメリットもあります。

例外として、建築基準法が施工された日(昭和25年11月23日)
または、都市計画区域に指定された時点ですでに家が建っていた
場合、敷地をセットバックすることで家を建てることができます。
反対に、接している道路が4m未満の場合セットバックしなければ
新築はできません。



こちらは伝統的建造物群保存地区です。
これに指定された地区でも同じような扱いを受けます。
道路に面した部分は、景観を損なわないような改修が必要ですし、
既存の柱は原則として触ることはできません。
管理者の立ち会いの上での補強等で対処することとなります。
ただし、景観を損なわないような改修に対しては一定の補助金が
支給されます。

リノベーション⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=114

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
排水の方法も大事
イメージ

基礎工事が完了すると外部の給排水の工事にかかります。基礎の側面に穴が開いていますが、これは鞘管と言われ...

[ 家づくり ]

リフォーム工事が終わりました。
イメージ

リフォーム現場の完了検査です。竹を使った飾り棚です。陶芸が趣味の施主さんで皿などを飾りたいそうです。...

[ 木の家 ]

土台のジャッキアップ
イメージ

リフォームする家に行くと時々、床が明らかに傾いている家があります。住みなれてしまうとあまり感じなくなるの...

[ リノベーション ]

日本の木と漆喰の家
イメージ

新築の家の構造材を刻んでいます。出来上がればわからないことですが、こんな材料です。材種は杉です。一...

[ 木の家 ]

基礎工事の流れ
イメージ

基礎の配筋検査が終わったところです。配筋の仕方は、当社では構造計算にのっとって鉄筋の太さや数を決めて...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ