コラム

 公開日: 2013-06-17  最終更新日: 2016-06-14

アルミのバルコニーと木製のバルコニー どちらが使いやすい







バルコニー 2階建ての住宅には必ずと言っていいほどついています。
使い道は布団や洗濯物の干場です。
最近は、花粉や空気の汚れのせいで中に干す人も多いです。
(2階のホールに布団かけを木で造らせてもらったこともあります。)
このバルコニーですが、既製品(アルミ製)と木製があります。
木製はもちろん現場で制作します。
アルミはメンテが楽でいいんですが、夏は暑くて触れないくらいになる
ことがあります。
当社のお客さんは木で作ってほしいという人が多いです。
手触りがよくいろんなデザインができますから。



しかし、やはりメンテは必要です。
5年に一度くらいは塗装するつもりで採用してください。
また、造るときに上の庇を長くしてもらうなどして雨がかかりにくくするだけ
でもかなり違います。
手入れさえしていれば簡単に腐朽してしまうものではありません。
(塗装は完全に乾いても、布団に着色することがあります)

このバルコニーですが、あればいいというものではありません。
目的をはっきりしてから造りましょう。
造ってしまったけれどもあまり活用していないという人もいます。
バルコニーをなくして部屋にしてほしいという人もいるくらいです。
もともと、日本にはバルコニーというものはありませんでした。
2階に上がって布団や洗濯物を干すという習慣はなかったのでしょう。
おそらく、日射の少ない国から来たのではないでしょうか。

一時期、天井にサンルーフをつけた車が流行りました。
いつの間にか下火になり今ではあまり見かけません。
これはヨーロッパのように日差しの少ない国から来たもので、少しでも
日差しを取り入れようとして考え出されたものですが、日本では必要
なかったようです。

何でも取り入れようとする日本人気質から来ているのかもしれません。

奈良で木製のバルコニーを考えている方はこちらをご覧ください
http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古材を使った家をお考えの方へ
イメージ

今度の日曜日(3月26日)に構造の見学会をさせてもらう家です。以前建っていた蔵と納屋を取り壊して家族が住...

[ 古材 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

新建材を使ったリフォームです。当社は、新建材はめったに使いませんが要望があれば対応させてもらいます。...

[ 木の家 ]

大工工事が終わって、これから仕上げに入ります
イメージ

リフォーム工事の大工工事完了の検査に来ています。昨年の10月から工事をさせてもらっていますから、ほぼ半...

[ リノベーション ]

古材を使った家 
イメージ

2階の床を下から見上げた写真です。構造材は吉野の天然乾燥材を使っています。梁は杉、柱は桧です。天然乾...

[ エアパス工法 ]

在来工法の家
イメージ

この写真だけを見ると新築工事のようですが、これはリフォーム工事です。今の住宅業界は新築工事が減少して、...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ