コラム

 公開日: 2015-05-25  最終更新日: 2017-04-21

エアパス工法の家 断熱材と家の寿命



断熱材にもいろんな種類があります。
写真のようなスチロール系の断熱材以外にグラスウールや
自然素材系の断熱材、吹付による断熱の施工など。

もっとも施工例が多いのは、グラスウールでしょうか。
施工費も安く済みます。
ウレタン系の断熱材を吹き付ける工法もよく見かけます。
隙間なく施工で来て断熱効果は期待できると思います。
セルロースファイバーも防湿シートの中に吹き込む断熱材です。
これは当社も何度か施工したことがあります。

どの断熱材も熱抵抗の多少の差はありますが、完全に熱を
遮断することはできません。
また、熱の流出や流入は、壁よりも窓が圧倒的に多いです。
窓もかなり性能がよくなり樹脂サッシも普及してきています。
断熱の数値だけを見れば、アルミと樹脂の複合サッシに比べ
てもかなり高性能です。
ヨーロッパなどでは、樹脂サッシは一般的らしく日本は窓の断熱
という点で遅れているそうです。
また、アルミと樹脂の複合というのは日本独自の技術でもあります。
ただ、この樹脂サッシの耐久性は今のところまだわかりません。

昔の家は、徒然草にあるように夏向けにできています。
影が多く、土壁が熱を遮断してくれます。
しかし、この造りは冬が寒いです。
今の家造りは、どちらかというと冬重視になってきています。
エネルギー消費の面から見ても冬を重視したほうが、効率が良いのでしょう。
ヒートショックで亡くなる人もいるくらいですから、家全体をまんべんなく温めるには、
高断熱にするしかありません。

今でこそ、壁体内結露に関してどの会社も対応していますが、壁に断熱材を
入れ始めたころの施工は、技術や知識が行き届かなく、壁をめくると結露で、
断熱材がベチャベチャということもありました。
断熱材の防湿層も大事ですし、外に湿気を排出することも大事です。
杉やヒノキのように日本の木は、まだ湿気に強いですが、輸入材は湿気に
弱い木が多いです。

この高気密・高断熱仕様の家は今では不可欠ですが、昔の家のような長寿命は、
望めないように思います。
断熱材を詰め込むこと自体、構造体となっている木材にとって異質な環境です。
昔の家はほとんど柱が露出していて自然の空気にさらされていました。
使われている材料も、自然にあるものばかりです。
それが長寿の要因だと思います。

生活の様式の変化が速いというのも理由の一つですが、せっかく造るのですから
環境の面からしても長寿であるに越したことはありません。
長期優良住宅という一定の性能を有する住宅が規定されていますが、どんな仕様の
家が長持ちするかは、数十年経過してみないとわかりません。

エアパス工法の家⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=111

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
木材の伐採ツアー
イメージ

吉野川上村主催の木材伐採ツアーです。木こりさんがみんなの前で木を切り倒します。樹高20mから30m位の木...

[ 木の家 ]

造作収納は難しい
イメージ

今回は、お施主様がお住まいになりながらのリフォームです。しかも、全体的に床壁天井をそっくりやりかえるリ...

[ 木の家 ]

今時のリフォーム
イメージ

新築そっくりさんではないですが、家を丸ごとリフォームする工事が増えました。大きな家は大きいなりに、小さ...

[ 木の家 ]

二条の家 上棟式
イメージ

上棟です。幸い天候に恵まれて順調にここまで来ました。中央の高い部分は越屋根になります。構造材は...

[ エアパス工法 ]

二条の家
イメージ

今日は上棟前日の作業として1階の建て方でした。上棟が近づくと天候が気になります。昨日の大雨で日程が1日...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ