コラム

 公開日: 2015-05-10 

エアパス工法の家 屋根2


2階の小屋の水平構面の力を確保するための合板です。
火打ちという斜材を使っていますが、それだけでは不足する
ので部分的に合板を使うことがあります。
当社はできるだけ合板類を使わないようにしていますが、
耐震等級3を確保するには使わざるを得ないことがあります。

屋根の野地板に合板を使用すればこの合板は使わずに済む
こともありますが、野地板に合板は、熱や湿気対策を考えると
あまり使いたくありません。



屋根の断熱材の厚さを計測しています。
この家は9cmのポリスチレンフォームを使っています。



断熱材の上に通気胴縁を流したところです。
手前の屋根はその上から気密を取るためのシートを流しています。
通気層を確保するためです。
壁の外側を上がってきた空気が屋根面に沿って登ってきて小屋裏に
入るようになっています。

エアパスは、断熱材で断熱するというより空気を貯めたり排出したり
して保温や放熱をしています。
断熱材はどんな高性能なものを使っても完全に断熱することはできません。
真空層でもあれば別ですが。
夏の昼間は断熱材は、暑い日射をある程度遮ってくれますが、夜はこの
断熱材は熱を籠らせるので不利に働きます。
冬は反対に、夜は室内の熱が逃げないように断熱してくれますが、昼間の
熱もさえぎってしまいます。
それぞれのデメリットを換気口を開閉して補うのがエアパス工法です。

エアパス工法の家⇒輪和建設http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
基礎工事 配筋検査
イメージ

新築の家の基礎工事中です。砕石を敷均し防湿シートを敷いた後に鉄筋を組み立てます。人通口の鉄筋補強...

[ 木の家 ]

構造材の大きさは誰が決めているのか
イメージ

大規模リフォームの現場です。ここは2階ですが、床の下地になっている梁が荷重でやや下がってきています。1...

[ 木の家 ]

新年あけましておめでとうございます。入院してみて気が付いたこと
イメージ

新年あけましておめでとうございます。皆さんは年末年始、どのように過ごされましたか。初詣、親戚めぐり...

[ 日々徒然 ]

誰もができるリフォーム
イメージ

いつごろからか、リフォームも大がかりに手を付けるようになったように感じます。リフォームする物件の築年数...

[ 木の家 ]

家を長持ちさせるには点検しやすい家を
イメージ

古民家と言われる築80年くらいの家のリフォームをしています。建築当初はここは、納屋だったかもしれません。...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ