コラム

 公開日: 2013-06-14  最終更新日: 2016-06-02

自然素材(無垢の床板・塗壁・和紙・造作家具)とエアパスを使った家づくり


家づくりにあたって、構造や素材は何がいいかのアンケート
では国産の木と自然素材を希望する人が多いようです。
国産材や自然素材となるとこれを使って家を造っているところ
はほとんどが中小の工務店です。
ハウスメーカーはオプションでもないかぎり自然素材や国産材は
使っていないはずです。
見えるところだけ自然素材や国産材を使う方法もありますが、見
えるところよりも見えないところの方が大事だと思います。
普通の消費者の人にとってはそれでもいいのかもしれませんが。
自然素材にもいろんな種類があります。
床に使う床材ひとつとっても杉、ヒノキ、松、ウォールナットのような
広葉樹まであります。
しかも、ランクによって価格差があります。節があるかないかという
ランクです。
新建材のフロアーなら安いかといえばそうでもありません。
けっこう高価なフロアーもあります。
出入り枠などに使う枠材ですが、これは桧や杉に比べればおそらく
新建材の方が安いです。
それから建具。
建具も自然素材を扱う会社は建具屋さんが造ることが多いと思いますが、
自然素材を使って造っているメーカーもあります。
デザインやガラスにこだわれば新建材も自然素材も建具の価格はそれほど
変わりないでしょう。
壁の仕上げ。
これはクロスに比べれば塗壁は高いです。
珪藻土や漆喰がありますが、クロスの3倍くらいはします。
板貼りにすればさらに高くなります。



気になるのが自然素材を使った家の価格です。
一般的にいうところの坪単価です。
しかし、坪単価というのは予算を組む場合あまり参考になりません。
各社それぞれ設定が違うからです。
引き渡しの時にいくらになるかが大事です。
といっても、引き渡し時いくらになるか、これはどの工務店もはっきりといえません。
いくらかかるかわからない要素があるからです。
立地条件や建物の配置によって価格は変わります。
地盤改良が発生するかもしれません、お客さんが望む仕様の程度も解りません。
「いくらで建てられるでしょうか」と聞かれても電気屋さんで「テレビはいくらですか」
と聞かれているようなものです。

当社も自然素材にこだわって住宅を造っていますから、坪単価はかなり高めです。
最初に坪単価だけを言ってしまうと、引いてしまう方もおられます。
ハウスメーカーと変わらないかもしれません。
しかし、同じ仕様の家ならメーカーさんより安くできます。

当社は、基本そこにエアパスという工法も入れてますからなおさらです。
エアパスを外してこの仕様・間取りで造ってほしいという方もおられますが、
あまりお勧めできません。
間取りがオープンなので冬の寒さや夏の暑さが心配ですから。
「理想の家なんですが、手が届きません。」時々言われますが、仕様
を変更することでかなり予算に近づけることもあります。
仕様の変更程度ならば、家本体に大きく影響しません。
将来リフォームすることで変えることもできます。
しかし、基本的な構造部分まで変えてしまうと家自体の基本性能まで
落ちてしまいます。
品質の面で節約されても消費者の方には分りません。

こんな家をご覧になりたい方はこちらに案内があります⇒http://www.rinwa.jp/
 

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
現行の耐震基準は正しいのか
イメージ

日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた...

[ 木の家 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

当社では新築工事もリフォーム工事も自然素材を使った仕事がほとんどですが、中には新建材を使ったリフォー...

[ リノベーション ]

上棟を控えて
イメージ

上棟を控えた現場です。最近の建築現場どこもは数年前に比べてずいぶんきれいになりました。どうすればきれ...

[ 木の家 ]

玄関に使うカウンターを選んでもらう
イメージ

当社では無垢の木のカウンターをよく使います。カウンター材と言っても樹種もいろいろあれば大きさや厚み川...

[ 木の家 ]

銘木というもの
イメージ

今日、リフォームをさせてもらっているお客様を連れて銘木店に行ってきました。和室の天井板を選んでもらう...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ