コラム

 公開日: 2014-11-03  最終更新日: 2017-04-21

エアパス工法の家は住みやすいか。2



エアパス工法は、屋根裏に上がると室内側の断熱材は
丸見えです。
竣工後に点検させてもらって屋根裏で結露を起こしている
ことがありました。
冬でのことです。
そこで、冬でも天気のいい時は週に1回、または月に1回でも
いいので、屋根の換気口を開けてもらうようにしました。
結露、当然あってはいけないことですが考えてみればどこかで
発生して当然かもしれません。
外気と室内では、冬などは大きな温度差を生みます。
その外気と内気の境目になる部分は、どんな工法の家であっても
温度差が生じます。
ひいきな見方ですが、それがはっきり見えるか見えないかの違いだと
思います。
住む人の生活習慣もあると思いますが、調理や暖房器具、浴室から
発生する蒸気などすべてが天井に上がってくるのですから、大量の
湿気が含まれます。
そこに屋根の外側の温度と小屋裏の建物内の温度差が加わるのが
原因です。
室内の仕上げも原因のひとつだと思います。
壁や天井をビニールクロスのようなもので仕上げれば室内からの湿気が
壁や小屋裏に浸透していくことはほとんどありません。
しかし、エアパス工法の家は総じて自然素材を使うところが多いです。
自然素材は、通気、透湿の機能があります。
湿気や臭いも通してしまいます。
これは室内空間を快適にしてくれる大切な機能でもあります。

普段の生活の中で、窓を開けて部屋を換気するのと同じことを小屋裏でも
する必要があります。
ただ、エアパス工法も年々改良が加えられています。
以前に建てられた施主さんには申し訳ありませんが、どんな製品も改良が
加えられます。

エアパス工法を使った奈良の木の家⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=111
 

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
クロスのシミ
イメージ

家の室内の仕上げに使われるクロスですが、下地によってシミが出ることがあります。これはクロスに限らず漆喰...

[ 家づくり ]

給排水設備と電気設備
イメージ

設備工事で使う給排水管の鞘管と言われるものです。コンクリートの土間に埋まってしまう給排水管に異常が発...

[ 家づくり ]

家の床
イメージ

床貼りの作業中です。ある程度家の仕組みが解る人から見ると、床下に断熱材が入っていないと思われるかもし...

[ エアパス工法 ]

枚方の家 ガルバリウム
イメージ

屋根のガルバリウムの施工中です。瓦棒や縦ハゼ葺きと違って段葺きです。既製品を横に並べて固定していく...

[ エアパス工法 ]

六条の家 床貼り・天井下地
イメージ

床貼り作業中です。杉の床板を使っています。自然素材の床板を貼っている工務店今ではたくさんあります。...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ