コラム

 公開日: 2014-07-23  最終更新日: 2018-03-13

内装仕上げのよく使われるクロス


一般的に住宅でよく使われるクロスです。
本来は、壁紙と言われましたが天井にも使うので業界では
「クロス」と言われます。
家の壁の仕上げは、昔は土壁、またはその土壁の上に漆喰
や聚楽、綿壁が多く使われました。
その後、新建材の板材が作られて壁や天井にたくさん使われ
るようになりました。
そのあとの出てきたのがクロスです。
ベニヤや石膏ボードの下地に貼ることができて種類も豊富です
から大量に使われるようになりました。
安価で施工が簡単ですが、昨今の自然素材ブームで少し減った
ように感じます。

当社も、コットンクロスや紙クロス以外はあまり使いません。
壁は漆喰、天井は和紙またはコットンクロスがほとんどです。
コットンや紙クロスは少し高価になりますが、環境にも人にも優
しいです。

以下は、ウィキペディアより
クロスで問題になるのは、その接着剤で酢酸ビニル系の接着剤が
ホルムアルデヒドを出してしまう。
ビニル壁紙に可塑性を持たせるために混ぜるフタル酸が環境ホルモン
の原因になる。
湿気を通さないものが多く結露の原因になる。
乾燥後、継ぎ目が開いたり、剥離することがある。
ドイツのベルリン市では、焼却時の環境汚染は隠れたコストとして、
公共建築では使用禁止。
と書かれています。

塗壁のコテムラもよくクレームの対象になりますが、クロスのジョイントや
不陸もよくクレームになります。
平滑なほど斜めから光が当たると目立ちます。
説明させてはもらいますが、正直なところ対処できないものもあります。

体にやさしい長持ちする家造り⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=114

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
天井の仕上げ
イメージ

古民家というと家の造りが現代の家と少し違います。ほとんどが真壁で天井は1階なら2階の床の梁が見えていたり...

[ 古民家 ]

古民家の改修
イメージ

古民家の改修をしています。土壁の下地になる木小舞というものです。ほとんどは竹で編むのですが、職人さん...

[ 古民家 ]

厨子2階のリフォーム
イメージ

古民家といわれる家の2階です。厨子2階といわれる物置として使われた空間で、壁は土壁のまま、天井も屋根裏...

[ 古民家 ]

和瓦
イメージ

瓦屋根の葺き替えです。瓦屋根は耐久性があります。耐用年数は一般的には60年くらいですが、以前に築100年...

[ 木の家 ]

枚方の家 完成
イメージ

枚方の家が完成しました。大阪では準防火地域のところが多いです。奈良では駅近でもなければめったに指定さ...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ