コラム

 公開日: 2014-07-14  最終更新日: 2018-03-07

造作における新建材と無垢材 



室内の造作をしています。
当社では、新築、リフォームどちらも新建材はほとんど使いません。
ほとんどが杉・桧と言った無垢材です。

以前、ハウスメーカーの仕事をしていたころは、メーカーさんですから
当然すべて新建材です。
大工さんの仕事としては、、ほとんど組み立てるだけです。

インパクトという電動のドリルがあれば大体の仕事はできます。
組み立てる材料が決まっているので、その材料を他に回して使うと
いうことはできません。
出入り枠は出入り枠、窓枠は窓枠、カウンターはカウンターとまた
仕上がった製品ですから削るということはできません。
いったん傷がつくと専用の補修材が必要になるか、または取り替える
しかありません。
梱包の段ボールが大量に出ます。

一方、無垢材は道具として鋸、カンナ、溝を造るカッターなどが必要
になります。
新建材を組み立てることに慣れている大工さんは、このような仕事は
苦手です。
木材を削る、溝を掘るといった仕事は普段からしていないと急にできる
ものではありません。
梱包の段ボールなどは一切出ませんが、削った木屑などは大量に出ます。
加工ができる(現場で造る)ので、材料を使いまわしすることができます。
過去場で加工して現場に入れるという方法もあります。
このほうが現場はきれいになりますが、施主さんによってはこのような加工も
現場で見たいという人もいます。
確かに鉋をかけているところなどは見ていても面白いと思います。
きれいな鉋屑が薄紙(透明に近い)のように鉋から出てきます。
また、手で鉋をかけるとかけたところが光ります。
不思議なものでそこに水を垂らしても水をはじきます。
機械ではできないことです。機械は基本繊維を引きちぎりますから。

新建材のような既製品を使った家づくりは、作るというよりも完成した製品を
引き渡すような感覚があります。
既製品が好きな人はまた見るところも違うようです。
ハウスメーカー時代にそのような仕事をたくさんしてきましたが、重箱の隅をつつく
ような検査があります。
施主さんに対応しようとすれば仕方なくそうなってしまうのでしょう。
家を買う側からすれば当たり前といえば当たり前ですから仕方ありません。


その他のリノベーションはこちら⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=114

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
和瓦
イメージ

瓦屋根の葺き替えです。瓦屋根は耐久性があります。耐用年数は一般的には60年くらいですが、以前に築100年...

[ 木の家 ]

枚方の家 完成
イメージ

枚方の家が完成しました。大阪では準防火地域のところが多いです。奈良では駅近でもなければめったに指定さ...

[ エアパス工法 ]

造作と既製品
イメージ

当社でよく施工する手洗いカウンターです。手洗い鉢は施主さんに好きなものを選んでもらいます。手洗い鉢の...

[ 手造り ]

枚方の家 仕上げ
イメージ

和室を造作中です。竿天井という天井です。ラミ天と言われるフィルムを貼った天井を使って底目地に仕上...

[ エアパス工法 ]

造作の手摺 
イメージ

階段の手すりです。今では、引き渡しの時点でどの家にも付いています。昔はなかったのが不思議なくらいで...

[ 手造り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ