コラム

 公開日: 2013-06-09  最終更新日: 2016-05-15

見学会が教えてもらったことは正しいとは限らない



今日は構造の見学会でした。
見学に来られる方は当然ながらよく勉強されています。
現場でいろいろ説明させてもらうのですが、時々「他社さんで聞いた説明と違う」
といわれる方がおられます。
営業職専門と現場監督専門の方とでは確かに説明の内容が違うかもしれません。
また、説明がどうしても自社ひいきになる または自社に都合の悪いことは言わない
ということかもしれません。
自然素材を使った家造りをしているところは自然素材の良さを強調しますし、そうで
ない会社は自然素材のデメリットを並べます。
また、プレハブ会社は木造のデメリットを教えてくれるそうです。
他社やほかの工法のデメリットを言うより自社のいいところをアピールすべきだと思う
のですが。




同じ自然素材でも、構造材に機械乾燥材を使うところ天然乾燥材を使うところ
で各社持論があります。
これはどちらが優れているとかいうことではなく、採用する会社、選択するお客さん
の考え方次第です。
私は、天然乾燥派ですが、機械乾燥も同じ業者が手っ取り早く木材を消費する
ために考え出した工法です。
「自然に乾くのなんて待ってられない」というのが本音でしょう。
また、「自然乾燥材なんか今は手に入らない」と思っている業者もいるほどです。
これでは、自然乾燥材など普及するはずもありません。
昔はみんな天然乾燥だったのですが、早く市場に出そうとして生木を使ったがゆえに
痩せや反りが発生して、不評を買ったのかもしれません。
昔は時間をかけて(1年くらい)家を造りましたから、生木でも自然と乾燥したのか
もしれません。

構造などになると営業職の人にはわからないこともあると思います。
これは仕方のないことかもしれません。
知らないほうが売りやすいということもあります。
私はもともと現場監督ですから、施工に関しては営業の方より詳しいと思います。
以前私はハウスメーカーの仕事をしていたので、メーカーの営業の方の話を聞くことが
多かったのですが、ベテランの営業の方が現場でお客さんに説明しているのを横で聞い
ていて疑問というかそれは間違った説明だと思ったことが何度かあります。
営業の立場だとそう説明するしかないのかなとも思ったものです。
ですから、お客様も相手の方の専門に応じた質問されたほうがいいです。
住宅ローンや諸手続きなどは営業の方、構造や材料に関しては現場監督の方に、
というふうに。
しかし、それも必ずしも正しいとは限りません(専門用語を使われると聞く方が勘違い
することもあります)から自分でネットなどで調べるのも大事だと思います。
このネットで調べるのも根気がいります。
最初は、何が本当かわからなくなるかもしれません。情報が氾濫しすぎていますから。
それでも、高い買い物ですから根気も必要です。
あまり頭でっかちになっても家づくりに失敗することもありますから、本当は住んでいる人
の意見が一番なのですが。


当社のH.Pはこちらです⇒http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
現行の耐震基準は正しいのか
イメージ

日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた...

[ 木の家 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

当社では新築工事もリフォーム工事も自然素材を使った仕事がほとんどですが、中には新建材を使ったリフォー...

[ リノベーション ]

上棟を控えて
イメージ

上棟を控えた現場です。最近の建築現場どこもは数年前に比べてずいぶんきれいになりました。どうすればきれ...

[ 木の家 ]

玄関に使うカウンターを選んでもらう
イメージ

当社では無垢の木のカウンターをよく使います。カウンター材と言っても樹種もいろいろあれば大きさや厚み川...

[ 木の家 ]

銘木というもの
イメージ

今日、リフォームをさせてもらっているお客様を連れて銘木店に行ってきました。和室の天井板を選んでもらう...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ