コラム

 公開日: 2013-06-06  最終更新日: 2017-04-15

坪数の小さな家でも広く使うことができる広がりの間取りとエアパス工法



「広がりの間取り」というのは8年前に、エアパスグループに加盟させてもらった時
に教えていただ間取りの取り方です。
廊下をなるべく設けずLDK・トイレ・洗面・階段へ直接移動できるような間取りの
取り方です。
当然リビング階段が多くなりますし、吹き抜けを設けることも多いです。 
そうすることで、各部屋間の温度差がなくなりヒートショックを防げますし、壁が少
ないので通風・採光がとりやすくなります。




当時はまだそういう間取りは少なかったのですが、最近の住宅の間取りを見ると
ほとんどがこの間取りの取り方をしています。
高気密・高断熱化が進んでオープンな間取りも可能になったからでしょう。
ただ、この廊下を設けないという間取りは壁が少なくなる傾向があります。
壁が少ないと物を置くスペースが少なくなるということです。
また、オープンな空間は気持ちがいいですが、耐震上の壁は必ず必要です。
しかも1階から2階につながる壁は耐震上もエアパス上も有効ですから、このあたりが
プランの難しい所でもあります。




当社もこの間取りを採用しかけたときはよく「そんなことをしたら冷暖房が効かない」と
よく言われたものです。
そのためにエアパスという特殊な工法を採用していたのですが、説明だけで理解でき
るものではありません。
何しろ住んでみないとわからないのが正直なところでしたから。
部屋の空間が広くなると気になるのはやっぱり寒さ対策です。
暑さは風通しの良い開放的な部屋ならばそれほど気にすることはありません。
高気密・高断熱の家にしてしまえば、ある程度解決できるのですが、今の高気密・
高断熱は冬重視になっているので、暑さ対策に無理があります。
気密性がいいだけに夏場は熱が断熱材にこもりやすいからです。

寒さ対策だけなら、壁や天井に吹き付けるウレタン系の断熱材やセルロースファイバー
があります。
気密性もよく、断熱の欠損もまずありません。
それだけに夏は、熱がこもってしまいます。
エアパスは、高気密・高断熱ではありません。
空気が半分、断熱の役目をしているような工法です。
夏でも、小屋裏の換気口を開放しているので小屋裏に入ることができます。
壁と屋根の空間がつながっているので壁や小屋裏を換気することができます。

このエアパス工法は「エアコンが苦手な人」にというのが当初の売り文句でした。
壁に熱がこもりにくいので壁からの輻射熱が少なく体感的に涼しく感じるのが
理想です。
エアコンのような涼しさは無理ですが、多少の暑さなら我慢できる人には向いていると
言えます。
一方、夏も冬もエアコンで温度環境を整えようとする人には高気密高断熱の家がいい
です。

普通の家では小屋裏はサウナのような状態ですから、部屋の温度差はかなり違います。
また、壁の中の空気が動いているので、湿気がたまらず良好な環境にすることができるので
構造材が長持ちするといったメリットもあります。

しかし、ここ数年の傾向ですが、吹き抜けを設ける人が少なくなってきたように感じます。
間取りも流行があります。
家に求めるものも人それぞれです。
これからの家造りは国の方針もあって高性能な家造りへと移っていくように思います。
その点エアパスの家はどちらかといえばローテクの家です。
特殊な機械も使いませんし、太陽の熱だけが原動力の家です。

他にもこんな記事があります
http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=111
 

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
枚方の家 断熱材が入りました
イメージ

天候不順で遅れていた屋根仕舞いがここまで来ました。ルーフィングの施工が終わると少しホッとします。後は...

[ エアパス工法 ]

二条の家 屋根仕舞い
イメージ

越屋根です。野地板が貼り終わったところです。越屋根も化粧垂木になっています。昔の家の煙抜きのように...

[ エアパス工法 ]

耐震補強 伝統と在来
イメージ

リフォームの現場ですが、耐震補強をしています。これは土壁を補修(上塗り)したところです。これは耐...

[ 木の家 ]

枚方の家 杉の野地板
イメージ

屋根の下地 野地板が貼り終わったところです。貼ってしまうとわかりませんが、この下には通気シートと通気...

[ エアパス工法 ]

二条の家 構造見学会
イメージ

二条の家です。屋根断熱と通気胴縁の作業中です。この上に気密シート、野地板、ルーフィング、仕上げ(和瓦...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ