コラム

 公開日: 2014-04-29  最終更新日: 2017-11-07

パッシブソーラーハウスを造る 床貼り



床貼りの作業中です。
床材は、杉板を使っています。
この杉板はオスモのUV塗装で仕上げてあります。
当社では、使う杉板はUV塗装の杉板と塗装仕上げをしていない
無垢のままの杉板があります。
やや既製品のような仕上げの板を好まれる方はUV塗装の杉板を
使います。
少しくらい水をこぼしてもある程度はじいてくれますし、汚れもつきに
くくなっています。
無垢のままの杉板の場合は、美装作業の時に木塗油という油を
塗って仕上げます。




こちらの方が如何にも無垢材という感じに仕上がり、暖かさもこちらの
方が感じられます。
どちらも節なしの板材ですが、節ありもあります。
節ありのほうが木らしくていいと思う人もいます。
もちろん節ありの方が価格は安いです。

昔は床材というともっと固い広葉樹が使われました。
針葉樹でも、桧や松位しか使わなかったようです。
杉は柔らかすぎたのでしょう。
しかし最近この杉板の良さがわかってきたのか(生産量が多いのか)
床材としてよく使われるようになりました。

施工は、写真のように釘ではなくビスで根太に固定します。
普通のフロアー材と違って厚みがあり(24ミリから30ミリ)ますし、乾燥
状態により反りかえったりするので釘では固定しきれません。

15ミリの床板もありますが、合板のような強度はないので15ミリの場合は、
一旦下地の板を施工してからの増貼となります。
新建材の床板もラワン類が輸入しにくくなってから合板下地の床材が
ほとんどなくなって直貼りできる床材はあまりありません。

木工ボンドが写っていますが、床材と根太の接着には使いません。
木口(木の切断面)の干割れを防ぐために木の切り口にだけ使用します。

日本の木と漆喰で造るエアパス工法の家⇒http://mbp-nara.com/rinwakensetu/column/?jid=111

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
枚方の家 断熱材が入りました
イメージ

天候不順で遅れていた屋根仕舞いがここまで来ました。ルーフィングの施工が終わると少しホッとします。後は...

[ エアパス工法 ]

二条の家 屋根仕舞い
イメージ

越屋根です。野地板が貼り終わったところです。越屋根も化粧垂木になっています。昔の家の煙抜きのように...

[ エアパス工法 ]

耐震補強 伝統と在来
イメージ

リフォームの現場ですが、耐震補強をしています。これは土壁を補修(上塗り)したところです。これは耐...

[ 木の家 ]

枚方の家 杉の野地板
イメージ

屋根の下地 野地板が貼り終わったところです。貼ってしまうとわかりませんが、この下には通気シートと通気...

[ エアパス工法 ]

二条の家 構造見学会
イメージ

二条の家です。屋根断熱と通気胴縁の作業中です。この上に気密シート、野地板、ルーフィング、仕上げ(和瓦...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ