コラム

 公開日: 2014-02-22  最終更新日: 2017-08-05

リフォームの着工から完成までその7 間仕切り建具


和室とリビングの間仕切りの枠です。
和室は本来内法(敷居と鴨居の間隔)は1.8m位に設定されています。
日本の住宅も昔は、どの出入口も内法は1.8mが標準でしたが、ここ数年
で平均身長が伸びたせいか2mが標準になってきました。

今回の工事では、和室とリビングを繋ぐので内法を高くするために和室の長押
を撤去しています。
撤去後の傷は大壁(柱が隠れている状態)にして隠す予定です。
また柱は抜けないので、アウトセット(建具をどちらかの部屋側に建てる)にして
います。
枠材は桧です。
和室の天井は既存のまま使わせてもらいます。

最近本格的な和室を造ることが少なくなりました。
造っても、大壁と言って柱が見えない状態の和室がほとんどです。
大壁になると、長押や付け鴨居は付けないことが多いです。
このような和室では内法が2mでも違和感はありません。
しかし、本格的な和室となると真壁で長押や付け鴨居が取りつきます。
また続き間となれば欄間もとりつきます。
そんな時、内法が2mになると欄間が狭くなりバランスが悪くなります。
天井高さを上げるなどして工夫していますが、やっぱりやや落ち着かない感じが
残ることがあります。
内法を本来の高さに設定すると頭がぶつかってしまう人が増えたので致し方の
ないことですが、昔からの基準が通用しなくなってきています。

ハウスメーカーのCMでも天井の高さを強調するようなものもありますが、開放感
はあるかもしれませんが、その他にはあまりメリットはありません



日本の木と漆喰で造る健康住宅⇒輪和建設http://www.rinwa.jp/

この記事を書いたプロ

輪和建設株式会社 [ホームページ]

中西直己

奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL:0743-53-3355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
排水の方法も大事
イメージ

基礎工事が完了すると外部の給排水の工事にかかります。基礎の側面に穴が開いていますが、これは鞘管と言われ...

[ 家づくり ]

リフォーム工事が終わりました。
イメージ

リフォーム現場の完了検査です。竹を使った飾り棚です。陶芸が趣味の施主さんで皿などを飾りたいそうです。...

[ 木の家 ]

土台のジャッキアップ
イメージ

リフォームする家に行くと時々、床が明らかに傾いている家があります。住みなれてしまうとあまり感じなくなるの...

[ リノベーション ]

日本の木と漆喰の家
イメージ

新築の家の構造材を刻んでいます。出来上がればわからないことですが、こんな材料です。材種は杉です。一...

[ 木の家 ]

基礎工事の流れ
イメージ

基礎の配筋検査が終わったところです。配筋の仕方は、当社では構造計算にのっとって鉄筋の太さや数を決めて...

[ エアパス工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ