コラム一覧

1件~15件(528件)

過去の15件

現行の耐震基準は正しいのか

イメージ

日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた木造建築物2.昭和56年6月から平成12年5月までに建築された建物3.現行規定が適用された平成12年6月以降の木造建築物に分類して地震による倒壊状況を分析しました。旧... 続きを読む

木の家

2017-02-23

新建材を使ったリフォーム

イメージ

当社では新築工事もリフォーム工事も自然素材を使った仕事がほとんどですが、中には新建材を使ったリフォームの依頼もあります。普段自然素材を使い慣れていると新建材は材料の拾い出しが大変です。カタログを見て拾い出しをするのですがすべてが細かい記号での発注となるので少しでも... 続きを読む

リノベーション

2017-02-20

上棟を控えて

イメージ

上棟を控えた現場です。最近の建築現場どこもは数年前に比べてずいぶんきれいになりました。どうすればきれいに見えるか、各社それぞれ工夫を凝らしていますし、現場美化専門のコンサルがあるくらいです。ハウスメーカーさんはさすがですね。いい参考になります。写真は基礎の周囲をP... 続きを読む

木の家

2017-02-18

玄関に使うカウンターを選んでもらう

イメージ

当社では無垢の木のカウンターをよく使います。カウンター材と言っても樹種もいろいろあれば大きさや厚み川を剥いだだけの縁が付いた状態かきれいに製材してあるかによっていろんな使い方ができます。よく使うのが対面キッチンのカウンターです。これは桜の木だったと思います。... 続きを読む

木の家

2017-02-08

銘木というもの

イメージ

今日、リフォームをさせてもらっているお客様を連れて銘木店に行ってきました。和室の天井板を選んでもらうためです。写真と現物とでは全く違うので「来てみてよかった」と言ってもらえました。この銘木店というのは主に和室に使う材料を扱うところです。和室の天井板や内法と言って... 続きを読む

木の家

2017-01-25

基礎工事 配筋検査

イメージ

新築の家の基礎工事中です。砕石を敷均し防湿シートを敷いた後に鉄筋を組み立てます。人通口の鉄筋補強と土間コンクリートの鉄筋のピッチを確認しています。フックの部分の長さを確認している写真ですが、かなり細かく配筋されています。生コンを流し込むにしても隙間に流れ込... 続きを読む

木の家

2017-01-15

構造材の大きさは誰が決めているのか

イメージ

大規模リフォームの現場です。ここは2階ですが、床の下地になっている梁が荷重でやや下がってきています。1階部分はかなり良く造られた和室になっていて天井も壊したくないので2階の床レベルを修正するにはどうしたものかと検討したのですが、真っ直ぐな木を既存の梁に添えて対処すること... 続きを読む

木の家

2017-01-11

新年あけましておめでとうございます。入院してみて気が付いたこと

イメージ

新年あけましておめでとうございます。皆さんは年末年始、どのように過ごされましたか。初詣、親戚めぐり、長期休暇を利用した旅行などでしょうか。昔は、正月と言えば一年の中でも大きな行事といった感がありましたが、ここ数年急にそのような感じを受けなくなってきたように感じま... 続きを読む

日々徒然

2017-01-09

誰もができるリフォーム

イメージ

いつごろからか、リフォームも大がかりに手を付けるようになったように感じます。リフォームする物件の築年数が古くなったからかもしれませんが、以前なら、今ある床板の上から新しい床板を貼る、壁ならばクロスの貼替をする、天井も同じくクロスの貼替が多かったと思います。多少の間取... 続きを読む

木の家

2016-12-26

家を長持ちさせるには点検しやすい家を

イメージ

古民家と言われる築80年くらいの家のリフォームをしています。建築当初はここは、納屋だったかもしれません。リフォームの打合せに来たときは、ダイニングキッチンになっていました。使いにくくなった家を少しでも使いやすくとリフォームしたようです。当時はやりだした新建材のプリント... 続きを読む

木の家

2016-12-12

古材を再利用するということ

イメージ

今ある蔵を解体してここに離れを建てる予定です。蔵の天井を見上げるときれいな丸太の梁が並んでいます。施主さんの希望でこの丸太梁を新築の家のどこかに使わせてもらいます。最近このような古材を使うということが時々あります。今ではあまり採れないような長い、大きな材料があるのも... 続きを読む

古材

2016-12-05

難しい構造計算

イメージ

今、着工を控えた家の長期優良住宅の認定を取るために構造計算をしてもらっています。以前は自社ですべて計算していたのですが、設計担当が退社したので今回は外注しています。新入社員の設計の子ががんばって対応してくれているのですが、まだ不慣れです。私もこの部分は今まで設計... 続きを読む

木の家

2016-12-02

焼き杉を使った塀

イメージ

焼き杉の塀を造っています。既成の焼き杉の板もありますが、両面を焼いた焼き杉はありませんから、取引先の材木屋さんで焼いてもらいました。焼き杉は今ではあまり使われませんが、昔の家の外壁などにはよく使われました。表面を焼くことで不思議と耐火性能を持たせることができます。... 続きを読む

木の家

2016-11-28

耐震補強 新しく基礎を造る

イメージ

築40数年の家をリフォームさせてもらっています。入母屋造りのかなり立派な家です。写真はその家の小屋裏です。当時の施工を思わせる大きな丸太の梁を架け渡して作られています。当時は、屋根に大きな荷重をかけて家を落ち着かせるという造り方が多かったようです。リフォー... 続きを読む

古民家

2016-11-20

寒さは健康を阻害する?

イメージ

今日は秋晴れといった天気気持ち良かったですね。しかし、日を追うごとに寒くなってきます。ここ数年は、いきなり寒さが襲ってきたりします。欧米社会では、冬の低温は健康をむしばむということが明確になっています。しかし、日本は四季があるせいかいま一つ明確ではありません。... 続きを読む

エアパス工法

2016-11-17

1件~15件(528件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
中西直己 (なかにし なおみ)さん

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。 「私どもは、奈良県内...

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
現行の耐震基準は正しいのか
イメージ

日本建築学会が、熊本益城町中心部の木造建築1955棟を1.旧耐震基準と言われる昭和56年6月以前に建てられた...

[ 木の家 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

当社では新築工事もリフォーム工事も自然素材を使った仕事がほとんどですが、中には新建材を使ったリフォー...

[ リノベーション ]

上棟を控えて
イメージ

上棟を控えた現場です。最近の建築現場どこもは数年前に比べてずいぶんきれいになりました。どうすればきれ...

[ 木の家 ]

玄関に使うカウンターを選んでもらう
イメージ

当社では無垢の木のカウンターをよく使います。カウンター材と言っても樹種もいろいろあれば大きさや厚み川...

[ 木の家 ]

銘木というもの
イメージ

今日、リフォームをさせてもらっているお客様を連れて銘木店に行ってきました。和室の天井板を選んでもらう...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ