プロTOP:中西直己プロのご紹介

吉野杉や吉野檜など、天然木を用いた木造住宅を提案(1/3)

中西直己 (なかにし なおみ)さん

熟練の職人が「墨付け」や「手刻み」で加工した木材で、丹念に造り上げる住まい

 奈良県大和郡山市で、木造住宅の新築、建て替え、リフォームを行う「輪和建設」。モデルハウスを併設した事務所の前を富雄川がゆったりと流れ、春には美しい桜並木が、夏には川面を抜ける涼やかな風が訪れる人を迎えてくれます。

 「私どもは、奈良県内と国内の天然木を使うことにこだわっています。床や天井といった内装には、奈良県川上村の吉野杉や吉野檜(ひのき)を用いるほか、壁には調湿性、耐火性のある漆喰(しっくい)を施しています。またクロスの代わりに和紙を取り入れるなど、自然のやさしい風合いを生かした住まいを提案しています」と代表の中西直己さんは話します。
 規則正しく木を組み上げていく、昔ながらの建築手法を大切にした在来軸組み工法で、日本の風土に根差した家づくりをしています。
「ねばり気が強く、梁(はり)や桁(けた)といった横架材に適している赤松や、防虫効果に優れ土台に使用されることの多いヒバなどは、東北から取り寄せて使うこともあります。いずれの木も、素材の持ち味を引き出すために天然乾燥させたものばかりです。そして機械によるプレカットではなく、大工が手刻み加工をしています。ゆがみやねじれを調整し、木の状態を見極めながら印を入れる『墨付け』、墨に沿って削っていく『手刻み』。これらの作業には、熟練の技と深い知識が求められます。また熟練の大工が加工した仕口はプレカットの仕口よりも丈夫で、はずれにくくなります。建具も既製のものではなく、職人がひとつひとつ仕上げていきます。丹念に作り込んでいくので、独特のぬくもりを感じていただけると思います」

<次ページへ続く>

【次ページ】 断熱システムとして太陽熱を活用した「エアパス工法」を採用

中西直己プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

現場での対応力

会社名 : 輪和建設株式会社
住所 : 奈良県大和郡山市満願寺町814-6 [地図]
TEL : 0743-53-3355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0743-53-3355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中西直己(なかにしなおみ)

輪和建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古材を使った家をお考えの方へ
イメージ

今度の日曜日(3月26日)に構造の見学会をさせてもらう家です。以前建っていた蔵と納屋を取り壊して家族が住...

[ 古材 ]

新建材を使ったリフォーム
イメージ

新建材を使ったリフォームです。当社は、新建材はめったに使いませんが要望があれば対応させてもらいます。...

[ 木の家 ]

大工工事が終わって、これから仕上げに入ります
イメージ

リフォーム工事の大工工事完了の検査に来ています。昨年の10月から工事をさせてもらっていますから、ほぼ半...

[ リノベーション ]

古材を使った家 
イメージ

2階の床を下から見上げた写真です。構造材は吉野の天然乾燥材を使っています。梁は杉、柱は桧です。天然乾...

[ エアパス工法 ]

在来工法の家
イメージ

この写真だけを見ると新築工事のようですが、これはリフォーム工事です。今の住宅業界は新築工事が減少して、...

[ 木の家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ