コラム

 公開日: 2017-09-26 

背骨の歪みの原因は日常生活のささいな習慣から

身体の歪みは、日常生活の習慣や癖などにより誰にでも起こり得るものです。そして、歪みはさまざまな身体の不調につながっていきます。
もっと自分に向き合えば、身体が発しているSOSに敏感になれるはず。 ピラティスが「日頃の動作を改めるきっかけ」になればと思っています。

片方にばかり偏る癖で背骨が歪む

片側の手や足にかかる負担が大きいと、身体に歪みが生じやすくなります。

○重いカバンを片方の肩にばかりかけていませんか?
働く女性のバッグは重く、ビジネス手帖、タブレット端末、携帯電話、財布、化粧ポーチなどでズッシリ。
バッグをかけていない時にも右肩が上がっていたり、片方の腕の振りが小さい歩行をしていたりと、アンバランスが目立っていませんか?
買い物袋を持つ手や、小さな子供の抱っこも、つい利き腕に頼りがちです。

○椅子に座ると足を組む癖はありませんか?
足を組む方は、上になる足が常に決まっているのではないでしょうか?
また、足を組み替える動作も体にいいものではありません。
足を組むと腹部の圧迫から足の血流が心臓に上がりにくくなり、冷えやむくみの原因にもなるのです。

○机に頬杖をつく癖はありませんか?
机に肘をつき顎を支えるポーズは、男性にも見られます。さほど問題があるとも思えないちょっとした動作ですが、頬杖をつくと背骨は片側に大きく歪んでしまいます。また、片側のお尻への体重移動も同時に起こり、骨盤も歪みます。頻繁だと、肩や顔にまで歪みが及ぶ可能性もあります。

○横座りが習慣になっていませんか?
椅子を使わず床に座る時によくやる横座り。そんな自宅でのくつろぎスタイルも骨盤の歪みにつながり、胸椎、肩、頭の位置にも影響するので、背骨も歪みやすくなるでしょう。

そのほか、一方の足に体重をかけた片足重心立ちや、就寝時に高枕をする癖のある方、腕を組んで立つとバランスが良いという方も、背骨歪みと近い関係にあると考えていいでしょう。

長時間座ったままでいると、背骨が歪み身体の左右差が生まれる

みなさん、デスクワークなどで同じ姿勢を続けることが多いのではないでしょうか?
職場でも自宅でも、パソコンが欠かせない人が増えました。夢中になればなるほど、腰が後ろに倒れ背中が丸くなり、顎が前に突き出る姿勢になりがちです。

「常にマウスを触っているせいか、右腕のつけねをずっと持ち上げている感覚がある」とおっしゃる方がいます。これも同じ恰好の弊害というか、身体に左右差が生まれる要因のひとつかも知れません。

「キーボードに自分の身体をあわせて作業するのが苦痛」と言う方もいます。キーボードの横幅を小さく感じているようで、左右2つに離して楽に使えるリーズナブルなものがあればと嘆いていました。

また、車の運転を振り返ってみましょう。車の運転にも癖があります。
右足のかかとを床に付けて、足裏でアクセルペダルを踏んでいますか?かかとを宙に浮かせ、足先で踏んでいる方が意外に多いようです。

ピラティスボディでは、小さな柔らかめのボールをかかとの下に置いて、左右交互に踏む(つぶすくらいのつもりで)エクササイズを約5分提案しています。
ボールから離れた時、身体の安定感が得られます。腰痛の改善にも効果があり、いかに普段かかとに力を入れず生活しているか実感できます。

運転姿勢も足の左右のバランスに影響します。運転の時間が増えて腰痛になった方は本当に多いです。座り姿勢、窮屈な姿勢を続けていれば、疲労も歪みも生じてきます。身体のために気づいてあげましょう。

また、背骨の歪みの原因が視力の左右差だった方もいるので、場合によっては視力を調べ近視や老眼が混じっていないか、効き目に無理がかかりすぎていないかなど、確認することも大切です。

背骨歪みの癖を直して、身体を動かすことを癖づけましょう!

左右差をなくすにはなんといっても運動です。定期的な運動、継続できる運動がベストです。繰り返すことで脳が身体の情報を記憶します。ダイエットやストレス発散にとどまらない、運動は脳への良い刺激でもあります。

ピラティスボディが推奨する健康で歪みのない身体へのアプローチ。さまざまな年代、タイプの方が取り組みやすい数々のエクササイズ。
背骨のラインを中心とした左右対称の身体を作る「センタリング」で、自分の軸を捉えましょう。

筋膜と呼ばれる身体の中の結合組織に働きかけ、硬く縮んでしまった筋膜を解放する「筋膜リリース」で、いっしょに全身のバランスを整えましょう。

この記事を書いたプロ

ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」 [ホームページ]

ヨガ・ピラティスインストラクター 川﨑知郁子

奈良県奈良市学園南3-2-3 [地図]
TEL:080-6156-5344

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川﨑知郁子(かわさき ちかこ)さん

ロン・フレッチャーをはじめ3資格を持つ希少なピラティス講師(1/3)

 呼吸法に筋力トレーニングと動的ストレッチを組み合わせ、筋肉や骨格を整えて心身を適切にコントロールする「ピラティス」が注目されています。川﨑知郁子さんが運営する「Pilates Body」は奈良県内では数少ない専門スタジオです。大和郡山、学...

川﨑知郁子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

店名 : ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」
住所 : 奈良県奈良市学園南3-2-3 [地図]
TEL : 080-6156-5344

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6156-5344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川﨑知郁子(かわさきちかこ)

ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
素敵なインストラクター道

『インストラクターが3年間で学ぶこと』・筋肉の動かし方・安全に動く身体の使い方 (動く身体が見た目...

身体を鍛えることと、健康は同じではない!

いつもピラティスレッスンの前に、『お身体のコンディション』 をお客様へお伺いしています。その時に、今の...

生まれた時から、生命の維持維持に欠かせない 『呼吸』

ピラティスLessonの一番最初にするエクササイズが『意識をして呼吸をしてみる』なのです(*^_^*)これが意外と...

背骨の歪みによる腰痛に効果的な腰痛体操

背骨の歪みが強い方を横から見ると、耳の位置が肩より前にある場合が多いです。これでは姿勢や体型がくずれた印象...

[ 背骨の歪みの原因と症状 ]

背骨の歪みによって痛みが生じる仕組みを解説

背骨が歪んで姿勢が悪くなると、見た目の印象に影響してきます。また多くの場合、背骨が歪んだ身体は内なる声...

[ 背骨の歪みの原因と症状 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ