コラム

 公開日: 2016-04-19 

正しい姿勢の座り方をキープするには腹筋を意識して使うこと!

眠っている時間は人生の約三分の一と言われます。では座っている時間はどうでしょう?
食事の時、仕事中、車の運転、映画鑑賞、くつろぎのソファ…。
「立ち仕事だから座ってなんていられない!」という方もいらっしゃるかも知れませんが、一日の中での座り時間は、みなさんが思っているより往々にして長めなのです。

良い姿勢は腹筋から生まれる

座った時の姿勢が気になったことはありますか?

長時間になればなるほど、腰はもとより体全体を痛めているような感覚に襲われたことはありませんか?

良い座り方ができていると、きれいな姿勢が作れます。姿勢が改善されると、全身が引き締まることにつながり、普段のあなたの何気ないシルエットに変化が生まれてくるのです。

私たちが生活上、多くの時間を費やしている座位のポーズを決めるのに、腹筋はとても大切です。腹筋を常に意識して座っていると骨盤が締まり、お尻の形までプリンと丸くなるなど、良いことずくめ。
ぜひ、正しく座る感覚を身につけましょう。

体を鍛える際も欠かせない筋肉「腹筋」

ピラティスで最も重要な筋肉は腹筋です。どの部位を鍛える場合でも、腹筋を常に意識し、正しいポジシションで行うことが大事だからです。

座っている時間を利用して、お腹に気持ちを集中させるのは、意外と簡単かと思います。おへそを縦にするようなつもりでお腹や骨盤を折らずに、ぐっと伸ばす状態をキープしましょう。

日頃からクッションや折りたたんだバスタオルを背中に挟み、腹筋を意識し背筋をまっすぐ伸ばしてみるのもいいでしょう。お尻に負担がかかりにくいうえ、姿勢の習慣付けとしておすすめです。

同じくクッションやバスタオルを太ももに挟む方法はいかがでしょう。1回10分程度、一日2~3回行ってみませんか?

腹筋を使うことを意識すれば姿勢が変わる

腹筋を使わないと、背もたれに頼る座り方になってしまいます。背もたれに頼って座るとアゴが前に突き出だし、肩が内側に入った姿勢になります。ソファやリクライニングチェアでは、多くの人がこの状態になっています。

他にも良くない例として、電車の中や食事中に見られるXになった足のカタチ。心当たりはありませんか?
太ももから膝までをくっつけ、膝下を開いた座り方は、股関節を固くするのでおすすめしません。O脚やX脚の原因にもなりやすいと言えます。

座るという行為は毎日のものです。
特別なことをしなくても、ちょっとした気づきで姿勢は変えられます。良い姿勢を保つため、腹筋を自然に使えるようになりましょう。日々の積み重ねで、お腹のコアな部分の筋肉をもっと鍛えていきましょう。

この記事を書いたプロ

ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」 [ホームページ]

ヨガ・ピラティスインストラクター 川﨑知郁子

奈良県奈良市学園南3-2-3 [地図]
TEL:080-6156-5344

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川﨑知郁子(かわさき ちかこ)さん

ロン・フレッチャーをはじめ3資格を持つ希少なピラティス講師(1/3)

 呼吸法に筋力トレーニングと動的ストレッチを組み合わせ、筋肉や骨格を整えて心身を適切にコントロールする「ピラティス」が注目されています。川﨑知郁子さんが運営する「Pilates Body」は奈良県内では数少ない専門スタジオです。大和郡山、学...

川﨑知郁子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

店名 : ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」
住所 : 奈良県奈良市学園南3-2-3 [地図]
TEL : 080-6156-5344

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6156-5344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川﨑知郁子(かわさきちかこ)

ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
素敵なインストラクター道

『インストラクターが3年間で学ぶこと』・筋肉の動かし方・安全に動く身体の使い方 (動く身体が見た目...

身体を鍛えることと、健康は同じではない!

いつもピラティスレッスンの前に、『お身体のコンディション』 をお客様へお伺いしています。その時に、今の...

生まれた時から、生命の維持維持に欠かせない 『呼吸』

ピラティスLessonの一番最初にするエクササイズが『意識をして呼吸をしてみる』なのです(*^_^*)これが意外と...

正しい姿勢の座り方、正座なら骨盤の負担を少なくできる?

昔から日本人と正座は切っても切れない関係でした。花道や書道、とりわけ茶道において正座はかかせません。伝統的...

[ 正しい姿勢の座り方 ]

正しい姿勢の座り方、椅子を使わない「正座」「あぐら」「体育座り」の注意点

油断して、姿勢が崩れてしまいそうなのが椅子のない場所で座る時。椅子に慣れた生活の中、背面の支えがない状況の...

[ 正しい姿勢の座り方 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ