コラム

 公開日: 2016-04-13 

正しい姿勢の座り方 床の場合は骨盤を立てることを意識!

座った時に、背中が丸くなるのはなぜでしょう?
まあるい姿勢になりがちな方は、背骨を持ち上げる筋力が弱く、お腹に力が入りません。そのためだんだん背骨や骨盤が歪んでしまい、下腹部が出やすくなるのです。内蔵に負担がかかったり、呼吸が浅くなってしまう前に、自分の座り姿勢について考えてみましょう。

座り方が腰痛の原因になることも

椅子に座って、どちらか片方の足を組むクセのある方は、左右均等に筋肉を使っていないため、体の左右差が起こります。骨盤の歪みはもちろんのこと、血液やリンパの流れが悪くなるので、下半身の代謝が落ち、脂肪のつく原因にもなります。

また床に座る時、膝から下を外側に向け、ぺたんとお尻をつけた状態で座る女性も多いかと思いますが、この体勢は足のゆがみを引き起こしやすいと言えるでしょう。
間違った座り方を長時間続けていると、上半身の体重が偏った部分にかかってしまうので、腰痛などの原因になります。

正しい姿勢にピラティス ダイヤモンド型

骨盤を起こし、上半身を上に向かって伸ばす意識を忘れないようにすると、自然といい姿勢が生まれます。座位の状態では、骨盤を左右均等にしながら立てる意識が何より大切です。

日常生活でピラティスの座り方が役に立ちます。
骨盤を立てるといい姿勢につながるということから、私はダイヤモンド型をオススメしています。

床で行うダイヤモンド型の作り方は、
①足を伸ばした状態の長座で、少し膝を曲げて座ります。
②左右の膝をそのまま外側に向けて緩やかに開いていきます。
③2本の坐骨が床に刺さっているようなイメージで座ることができればOKです。

ピラティスは、体の奥にある筋肉(インナーマッスル)を鍛えるエクササイズで、特に体の芯(コア)となる脊柱と骨盤を支える筋肉に重きをおいているのです。

ダイヤモンド型で体の芯をしっかり安定させて座ってみましょう。いつも怠けていた筋肉が少し目覚める感じがわかっていただけるのではないでしょうか。

日頃の意識が日常姿勢をつくります

骨盤を立てる習慣が、お腹が張り出すのをおさえ正しい姿勢を作ります。前後左右の歪みが取れることで、体が本来持っている機能を発揮できるようになるでしょう。

また体と心はつながっています。体の調子が改善されれば、心もおのずとしラックスした状態へと導かれます。

筋肉をグーと伸ばすと気持ちいいです。骨盤を立てたカタチも体にとって気持ちいいはず。だから良い姿勢が生まれます。
自分で自分の体の状態や、ポイントとなるパーツに意識を集中させて、クセや歪みを改善させつつ、じっくりほぐしていましょう。

この記事を書いたプロ

ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」 [ホームページ]

ヨガ・ピラティスインストラクター 川﨑知郁子

奈良県奈良市学園南3-2-3 [地図]
TEL:080-6156-5344

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川﨑知郁子(かわさき ちかこ)さん

ロン・フレッチャーをはじめ3資格を持つ希少なピラティス講師(1/3)

 呼吸法に筋力トレーニングと動的ストレッチを組み合わせ、筋肉や骨格を整えて心身を適切にコントロールする「ピラティス」が注目されています。川﨑知郁子さんが運営する「Pilates Body」は奈良県内では数少ない専門スタジオです。大和郡山、学...

川﨑知郁子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

店名 : ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」
住所 : 奈良県奈良市学園南3-2-3 [地図]
TEL : 080-6156-5344

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6156-5344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川﨑知郁子(かわさきちかこ)

ピラティス専門スタジオ「Pilates Body」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
素敵なインストラクター道

『インストラクターが3年間で学ぶこと』・筋肉の動かし方・安全に動く身体の使い方 (動く身体が見た目...

身体を鍛えることと、健康は同じではない!

いつもピラティスレッスンの前に、『お身体のコンディション』 をお客様へお伺いしています。その時に、今の...

生まれた時から、生命の維持維持に欠かせない 『呼吸』

ピラティスLessonの一番最初にするエクササイズが『意識をして呼吸をしてみる』なのです(*^_^*)これが意外と...

正しい姿勢の座り方、正座なら骨盤の負担を少なくできる?

昔から日本人と正座は切っても切れない関係でした。花道や書道、とりわけ茶道において正座はかかせません。伝統的...

[ 正しい姿勢の座り方 ]

正しい姿勢の座り方をキープするには腹筋を意識して使うこと!

眠っている時間は人生の約三分の一と言われます。では座っている時間はどうでしょう?食事の時、仕事中、車の運...

[ 正しい姿勢の座り方 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ