かしたに陽子

かしたにようこ

有限会社正倉館 (一陽館薬局)

[ 橿原市 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-06-15  最終更新日: 2014-11-18

子宝漢方で体質改善 ☆耳鳴り☆ ~耳のトラブルは、疲労やストレスを知らせるサイン~

こんにちは(^O^)/

雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今回は「耳鳴り」についてのお話しをします。

○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎

☆耳のトラブルの原因はストレスや疲労
中耳炎や外耳炎などの疾患があるわけではないのに、
耳鳴りや耳の閉塞感といった不快な症状を感じることがあります。
このような症状の原因は、老化や疲労、ストレス、胃腸の疲れなどさまざま。
 中医学では「耳は、清らかな陽気(清陽)が体内を上昇するときに通過する穴」
と考えられいて、体内の陽気が十分に満ちている状態であれば、
耳の働きも安定しやすくなります。
そのため、老化や疲労によって陽気が不足したり、
ストレスで陽気の通りが悪くなったりすると耳の働きにも影響し、
さまざまなトラブルが現れるのです。
一般に最も多く見られる症状は「耳鳴り」。
キーンという高い音や、ボーっという低い音など、
聴こえる音や大きさはさまざまですが、耳の奥で鳴る音はとても不快なもの。
また、耳のトラブルでは聴力の減退「耳聾(じろう)」に悩む人も多く見られますが、
耳聾にも耳鳴りを伴うことが少なくありません。
耳鳴りは耳聾になる前の段階で現れる症状でもあり、長く続く場合は注意が必要です。
耳鳴りの段階で積極的に養生に取り組み、耳聾を予防をするよう心がけて下さい。
耳のトラブルは、単に耳の問題だけでなく、疲労やストレスといった体内の不調を
知らせるサインでもあります。
その原因を考えて根本的に体質を見直し、健やかな耳の状態を保ちましょう。

○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎

☆耳のトラブル養生(タイプ別)

○肝鬱(かんうつ)タイプ・・・ストレスに注意
 主な症状・・・強い高音の耳鳴り、偏頭痛、不安感、怒りっぽい、突発性難聴

養生の基本は、ストレスを調節、発散する役割を担う「肝」を静めることがポイント。
ストレスを発散させてつまりを取り除き、耳の働きを安定させましょう。

食の養生・・・緑茶、セロリ、トマト


○痰湿(たんしつ)タイプ・・・更年期に多い
 主な症状・・・耳鳴り、聴力の減退、回転性のめまい、口の中のネバネバ感
         肥満、むくみやすい

養生のポイントは、溜まった痰湿を取り除き、水分代謝を良くすること。
また、症状が長期にわたると粘りのある痰湿で血流も悪くなってしまうため、
同時に血流の改善を心がけると効果的です。

食の養生・・・ねぎ、はと麦、はすの葉


○脾虚(ひきょ)タイプ・・・疲労・体力不足
 主な症状・・・疲労時に耳鳴り・聴力の減退が強くなる、めまい(立ち眩み)
         倦怠感、食欲不振・軟便、顔色につやがない

このタイプは、慢性的な疲労や病後などで体力が落ちて、
脾胃の働きが弱くなります。脾胃の機能を健やかにして、
しっかり栄養を摂ることを心がけましょう。

食の養生・・・大豆製品(湯葉、豆腐など)、いんげん豆、そら豆、米


○腎虚(じんきょ)タイプ・・・老化に伴う
 主な症状・・・夜間の耳鳴り、聴力の減退、めまい、腰痛、物忘れ、
         症状の慢性化(低音の耳鳴りが続く等)
このタイプの症状は、主に老化が原因となりますが、程度の差はあれ、
これは誰にでも起きる事。あまり気にしすぎず、リラックスして過ごすことが大切です。
腎を養うことはさまざまな老化現象への対応にもなるので、
いつまでもイキイキと過ごせるよう養生を大切にしましょう。

食の養生・・・くるみ、松の実、クコの実、ごま、黒豆、山芋

○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎

毎日をここちよく過ごして、耳もリラックス

不快な耳のトラブルを改善するポイントは、まず心も身体もリラックスして過ごすこと。
睡眠をしっかり摂る、ゆっくりお風呂に入る、散歩を楽しむといった、
毎日続けられる習慣を身に付けましょう。入浴や散歩は血行を促進する為、
耳の症状への対応はもちろん、身体の健康維持にもつながります。
 また、イヤホンなどを出来るだけ使わず、耳の負担を少なくすること、
心地いい音を聞いて耳をリラックスさせることも大切。
戸外に出かけて、自然の音に親しめば、心も耳ものんびり心地よく過ごせそうですね。


詳しくは、ホームページへ
http://ichiyokan.net

この記事を書いたプロ

有限会社正倉館 (一陽館薬局) [[[ホームページ http://www.ichiyokan.jp/ ]]]

薬剤師 かしたに陽子

奈良県橿原市八木町1-11-7 [地図]
TEL:0744-25-8851

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
かしたに陽子 (かしたに ようこ)さん

不妊に悩む一人ひとりの女性を妊娠の喜びへと導く(1/3)

 来店する人の9割を不妊に悩む女性が占める、一陽館薬局。代表・管理薬剤師のかしたに陽子さんは、漢方薬生薬認定薬剤師であり不妊カウンセラーとして活躍しています。 「不妊の悩みを抱える女性は近年とくに増えています。テレビやインターネットから...

かしたに陽子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 有限会社正倉館 (一陽館薬局)
住所 : 奈良県橿原市八木町1-11-7 [地図]
TEL : 0744-25-8851

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0744-25-8851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

かしたに陽子(かしたにようこ)

有限会社正倉館 (一陽館薬局)

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

遅い結婚で早く子供を授かりたいと思い漢方相談

33歳と遅い結婚をしたので、早めに子供を授かりたいなと思っ...

I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
☆漢方で腎を補い妊娠力アップ♪

秋も一段と深まり各地で紅葉も見られる頃になってきましたね。少し遠出をして、紅葉狩りで心も身体もリ...

[ 子宝漢方のカラダつくり ]

☆夏の体調管理★

こんにちは(*^_^*)初夏を迎え、気温が急上昇してまいりました。暑さによるトラブルが多くなる時期です...

[ 子宝漢方のカラダつくり ]

未病の代表『瘀血』とは。

漢方では、血液がスムーズに流れず、 古い血液がカラダのあちこちで滞っている血行不良の状態を「瘀血」といいます...

[ 漢方で妊娠を考えるカラダつくり ]

『秋の養生ポイント』

植物が枯れていくこの季節は、空気が乾燥し、人間の体も乾いていきます。 漢方には、『酸甘化陰』という考え方が...

[ トピックス ]

月経と基礎体温 について

女性の場合、心や体のバランスが崩れると、影響が出やすいのは「月経」と「基礎体温」です。健康状態がわかる...

[ 子宝漢方のカラダつくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ