かしたに陽子

かしたにようこ

有限会社正倉館 (一陽館薬局)

[ 橿原市 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-04-25 

★漢方で男性の妊娠力アップ★

こんにちは(*´∀`*) 

春は、新学期・転勤・引越しなど・・・環境の変化が一番多い季節です。
仕事の上では何かと新しい環境に身をおかれることも。。。
季節の始まりに、からだを整えることは、一年を元気に過ごす為にも大切。
ストレスや疲労がたまりやすい時期なので、
ご主人様の体調のケアもしっかりしてあげてくださいね(*´∀`*)

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …* … * … *

妊娠・出産は、パートナーである男性の健康状態も影響します。
仕事のストレスや、疲労、不摂生などから、気づかないうちに体調不良になっていることも。
男性は、女性よりも食生活で体が変わりやすく結果があらわれやすいので、
食事で体をととのえる事は健康への近道。
たまにはしっかりと向き合い、体調管理をしてあげましょう。
男性の場合、すぐに精力増進を考えがちですが、体質があわなければ効果的でないばかりか、
かえって逆効果になる場合もあります。

生命のエネルギーや生殖活動にはすべて 『腎』 に関わってきます。
これは男性も女性も同じこと。
漢方でいう 『腎』 とは生命力の源が宿る所で、体の成長・発育・生殖・老化をコントロールしています。
『腎』 の機能が低下すると、生命力が低下し、性欲減退、耳・骨・髪の老化、
むくみや冷えなどもおこりやすくなります。
精子の量や運動率など、男性の妊娠力アップにも 『腎』 のバランスが大切。

いくつかのタイプがありますが、『腎』 が弱まっている男性の場合、
陽虚と陰虚の大きく二つに分かれます。
このどちらかのタイプに、気虚・気滞・血虚・お血・湿熱・水滞などを合わせ持っている場合が多いです。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆

●あなたのパートナーはどちらのタイプ?●

A                 
□どちらかというと寒がり      
□足や腰に冷え感がある      
□汗をかきにくい          
□冷えると腹部や腰が痛む
□むくみやすい           
□下痢しやすい           
□興奮する事があまりない 
     
B
□睡眠時間が少ない
□ほてりのぼせがある
□喉や口がよく乾く
□寝汗をかく
□午後に微熱が出る
□イライラしやすい
□皮膚が乾燥する

                                                  
・。*・。*・。
Aのチェックが多かった方
→「陽虚」タイプ
『腎』のパワー不足、体を温める力そのものが弱っている状態。
いわゆる草食系と言われるタイプ。
原因は生まれ持った体質、加齢による老化、長期にわたる体を冷やす生活など、
寒がりで足や腰に冷え感があり、冷えると痛む、むくむなどの症状がみられます。
ストレスや疲労などで無理をすると、症状が悪化するので注意。
『腎』のパワーは眠っているあいだに蓄えられるので、休養と睡眠は十分に確保しましょう。
気功やヨガはオススメです。

《オススメ養生法》
体をひやさないようにする(特に、腰、かかと、ひざ、足首、おなか)
入浴はシャワーですまさず、できるだけ湯船につかる習慣を(だだし、長風呂は禁物)
・ 生モノや冷たいモノはなるべく避ける
塩気の強いもの、水分、白砂糖の摂り過ぎには注意(甘味が欲しい場合は、黒砂糖がはちみつを)

《オススメ食材》
鶏肉、牛肉、ラム肉
豆類(いんげん豆、大豆、黒豆、)
ニンニク、らっきょう、生姜、ねぎ、にら
くるみ、栗、松の実、アーモンド、クコの実、なつめ
ハーブやスパイス(ういきょう、シナモン、グローブ)
えび、うなぎ、山芋、ハスの実、よもぎ

・。*・。*・。
Bのチェックが多かった方
→「陰虚」タイプ
『気・血・水』の『水(唾液・汗・尿・粘膜液・胃液など)』=体液が不足した状態。
体力があると思い込み、頑張り過ぎてしまうタイプ。
体液は精液のもとであるため、妊娠力には大きな影響があります。
熱が上に上がりやすいので、体の熱感、目の乾燥、喉や口が乾き冷たいものが飲みたい、皮膚の乾燥、
寝汗、夕方の微熱、イライラしやすいなど、全体的に更年期の症状とよく似ています。
原因は、睡眠不足、飲食による不摂生、ストレス、老化など。
何事にも頑張りすぎて、症状を悪化させている方も多いので、体のサインを素直に認めて、
受け止めることが大切です。
気持ちをゆったりと、のんびり構えていきましょう。
激しい運動やサウナも、大量に汗をかく事でかえって不調を招きますので、疲れている時は控えましょう。

《オススメ養生法》
夜更し、長時間のパソコンは控える
過度のストレスによる精神的疲労や過労に注意
汗をかきすぎない
辛いもの、刺激の強いものを避ける
タバコ、アルコールの過剰摂取はNG

《オススメ食材》
魚介類(はまぐり、あわび、あさり、牡蠣、しじみ、ホタテ、イカなど)
豚肉、鶏肉
すっぽんなどの海洋性コラーゲン
大豆製品(とうふ、豆乳)
山芋、れんこん、里芋、アボカド、百合根、手羽先、きくらげ
セロリ、せり、トマト、ゴーヤ、ほうれん草、ごぼう
梨、柿、ぶどう、松の実、黒ゴマ、クコの実
※体に潤いを与える自然の甘味や酸味、平性や涼性の食材を使いましょう

この記事を書いたプロ

有限会社正倉館 (一陽館薬局) [[[ホームページ http://www.ichiyokan.jp/ ]]]

薬剤師 かしたに陽子

奈良県橿原市八木町1-11-7 [地図]
TEL:0744-25-8851

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
かしたに陽子 (かしたに ようこ)さん

不妊に悩む一人ひとりの女性を妊娠の喜びへと導く(1/3)

 来店する人の9割を不妊に悩む女性が占める、一陽館薬局。代表・管理薬剤師のかしたに陽子さんは、漢方薬生薬認定薬剤師であり不妊カウンセラーとして活躍しています。 「不妊の悩みを抱える女性は近年とくに増えています。テレビやインターネットから...

かしたに陽子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 有限会社正倉館 (一陽館薬局)
住所 : 奈良県橿原市八木町1-11-7 [地図]
TEL : 0744-25-8851

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0744-25-8851

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

かしたに陽子(かしたにようこ)

有限会社正倉館 (一陽館薬局)

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

遅い結婚で早く子供を授かりたいと思い漢方相談

33歳と遅い結婚をしたので、早めに子供を授かりたいなと思っ...

I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
☆漢方で腎を補い妊娠力アップ♪

秋も一段と深まり各地で紅葉も見られる頃になってきましたね。少し遠出をして、紅葉狩りで心も身体もリ...

[ 子宝漢方のカラダつくり ]

☆夏の体調管理★

こんにちは(*^_^*)初夏を迎え、気温が急上昇してまいりました。暑さによるトラブルが多くなる時期です...

[ 子宝漢方のカラダつくり ]

未病の代表『瘀血』とは。

漢方では、血液がスムーズに流れず、 古い血液がカラダのあちこちで滞っている血行不良の状態を「瘀血」といいます...

[ 漢方で妊娠を考えるカラダつくり ]

『秋の養生ポイント』

植物が枯れていくこの季節は、空気が乾燥し、人間の体も乾いていきます。 漢方には、『酸甘化陰』という考え方が...

[ トピックス ]

月経と基礎体温 について

女性の場合、心や体のバランスが崩れると、影響が出やすいのは「月経」と「基礎体温」です。健康状態がわかる...

[ 子宝漢方のカラダつくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ