コラム

 公開日: 2014-08-25  最終更新日: 2016-10-28

未成年の孫を養子にする場合の注意点

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。

未成年の孫を養子をするケースがあるようです。(相続税対策としても結構多いようです)

このケース、注意しなければならないのは、親権の移動です。未成年の孫を、祖父母が養子にした場合、親権者は養親である祖父母に移転します。(法律上はに実父母に親権はなくなります)

そこで、祖父母の一人が亡くなった場合(祖父が亡くなったことを想定します)、未成年の孫がまだ未成年の場合、まだ一方の祖母が存命であれば、祖父の遺産分割協議には、家庭裁判所に特別代理人の申立が必要になります。
この場合は、通常の父母がお亡くなりになったケースと同様です。
しかし、祖父母の双方がなくなった場合において、未成年の孫がまだ未成年の場合、親権者が未成年の孫の実父母に移転することはなく、親権者がいないことになり、遺産分割協議をするにも家庭裁判所に未成年後見の申立をする必要があります。

未成年後見の場合、未成年が成年に達するまでの間、財産の管理を行い、家庭裁判所に報告する必要があり、手続きとしては、特別代理人の選任よりもかなり手間が増えてしまいます。この点が注意点です。
この点を遺言にて対策するなどの対応が必要になります。未成年の孫を養子する場合は、将来への注意点への対策を検討の上、手続きを進める必要があります。

相続・遺言のご相談は学園前司法書士事務所までお気軽にご相談下さい。
☎0742-81-8445  HP  http://gakuenmae-shihou.com/

この記事を書いたプロ

学園前司法書士事務所 [ホームページ]

司法書士 上北洋介

奈良県奈良市学園朝日町6-17 シティーパレス学園前207号 [地図]
TEL:0742-81-8445

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上北洋介(うえきた ようすけ)さん

本人と家族の安心を第一に、相続の将来設計をお手伝い(1/3)

 「相続税がかかるほどの財産はない、子どもたちの仲は良好……などの理由で、相続に興味を持たない方もいらっしゃいます。ところが司法統計では、遺産分割が調停などのトラブルに発展する確率は、財産の額とは比例していません。また両親が亡くなった途端に...

上北洋介プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 学園前司法書士事務所
住所 : 奈良県奈良市学園朝日町6-17 シティーパレス学園前207号 [地図]
TEL : 0742-81-8445

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0742-81-8445

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上北洋介(うえきたようすけ)

学園前司法書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
学園前司法書士事務所

初めまして、学園前司法書士事務所の司法書士 上北 洋介です。ページにお越し頂きまして、誠にありがとうござい...

[ 事務所について ]

相続ワンストップ!
イメージ

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。奈良・学園前 相続ワンス...

[ 事務所について ]

遺産分割協議①

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。一般的なですが、遺産分...

[ 相続・遺言 ]

相続人の方が海外居住の場合

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。相続人の方が海外に居住...

[ 相続・遺言 ]

夫婦間に子供がいない場合

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。夫婦間に子供がいない場...

[ 相続・遺言 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ